【レビュー】「Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセット」を購入!デザインと肌触りは良いが、細かいところが手抜き

Simplism iphone 5 5s case

iPhoneケースの大前提条件はPASMOやSuicaを入れることができるかどうか。

Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセット」の一部モデルがセール価格で販売しているという情報を見かけたのでチェックしてみたところ、ケースそのものの質感が良さそうであることに加え、電子カードを入れるためのスロットも用意されていることを発見!

「これは買うしかない!」と勢いオンリーで2種類も買ったものの、結論から言うと細かいところが気になってしまい、「あと一歩!」と言わざるをえない。デザインや触り心地が気に入っていただけに残念である。

とは言え、人によっては僕の気になったところはまったく気にならないかもしれない。せっかく買ったので、外観と使用感を紹介しておく!

Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセット(デニム)

まずはデニムカラーの「Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセット」から紹介する。同梱されているのはケース本体以外に保護フィルムやケーブル巻き取りアクセサリーなどが含まれる。さらには電子カードの読み取りエラー防止シートまで含まれている!コストパフォーマンスは圧倒的に高いと言えるだろう。
Simplism iphone 5 5s case

音量ボタン・マナーモードスイッチ側から。上は大きく開いたタイプ。デニム生地が良い感じ。
Simplism iphone 5 5s case

下から。こちらも大きく開いたデザイン。
Simplism iphone 5 5s case

左側面。
Simplism iphone 5 5s case

上も大きく開いている。
Simplism iphone 5 5s case

中を見るとこのように少しくぼみができている。ここにPASMOやSuicaなどの電子カードを入れることができるように作りになっている。
Simplism iphone 5 5s case

Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセット(ヘンプ)

筒井でヘンプカラーの「Simplism iPhone 5/5S ファブリックカバーセットの外観を紹介!基本的は作りはデニムカラーと同じ。
Simplism iphone 5 5s case

ちなみにヘンプとは麻のこと。触り心地も期待通りのゴワゴワ感で、個人的には結構好きだ。
Simplism iphone 5 5s case

左側面。
Simplism iphone 5 5s case

上から。
Simplism iphone 5 5s case

ヘンプカラーも内側にカードが入れられる仕様になっている。
Simplism iphone 5 5s case

デニム版を「iPhone 5s」に取り付けてみた!

それでは早速「iPhone 5s」に装着してみることに!まずはデニム版から。

この写真で伝わるかどうか分からないが、全体的にケースが歪んでいるのは、分かるだろうか。ケース単体としては申し分なかった。電子カードを入れるスロットも用意されていて好みのケースだった。ただし、いざiPhone本体に取り付けるとサイズがフィットしていないように感じた。
Simplism iphone 5 5s case

サイズもそうだが、全体的にケースの端の作りが雑だ。音量ボタンのところを見れば分かるが、お世辞にも水平とは言えない。これが味なのかもしれないが、僕は好きになれなかった。
Simplism iphone 5 5s case

上から見たところ。やはりケース内に収まりきっていない雰囲気がある。
Simplism iphone 5 5s case

右側面。左右で歪んでいるように見えるのは気のせいではない。
Simplism iphone 5 5s case

カバーとしては相当オシャレでデニム生地が非常に栄えるだけに、細かいところが気になってしまうのはとても残念だ。
Simplism iphone 5 5s case

さらに、一度装着しただけで割れるという事件が発生。音量ボタンの上に小さな切れ目が入ってしまっている。この後、何度か装着をしているうちにさらにもう一箇所割れ目ができてしまっていた。
Simplism iphone 5 5s case

ヘンプ版を「iPhone 5s」に取り付けてみた!

それでは気を取り直してヘンプ版を「iPhone 5s」に取り付けてみることに。たまたまデニム版が歪んでいただけだと信じたかったものの、やはりこちらもどうも上手に収まらない。写真では見えないかもしれないが、手に持っているとケースに収まっていないように感じるのだ。
Simplism iphone 5 5s case

音量ボタン・マナーモードスイッチ側。デニム版に増して端の作りが雑だ。
Simplism iphone 5 5s case

左右で歪んでいるように見えるのは僕だけではないはず。
Simplism iphone 5 5s case

右側面。
Simplism iphone 5 5s case

バックパネル側。麻の質感はやっぱり格好良いと思う。
Simplism iphone 5 5s case

個人的には毎日手に持つiPhoneだからこそ、ケースとiPhoneのフィット感は非常に重要視している。人によってはこの程度の歪みは気にならないという人も多いかもしれないが、見かけによらず神経質な僕としてはやはり安心して持ち歩けるフィット感が無かったため、いずれもスタメン落ち、ぎりぎりベンチに残れるかどうかと言ったところだ。

今回僕が気になったのは全体の作りの雑さとフィット感。逆に言えばこの2つが気にならなければコストパフォーマンスが恐ろしく高いPASMO/Suica対応iPhone 5/5sケースと言えるだろう。新しい個性的なiPhoneケースにチャレンジしたい、という人は買ってみてはいかがだろうか!

FOLLOW / 最新情報を購読