【レビュー】HyperJuice 100W GaN Charger:名刺サイズの100W出力USB急速充電器

コンパクトさ・軽さ・高出力を両立したUSB-C電源アダプタの決定版

HyperJuice 100W GaN Charger Review 16

HyperJuice 80W USB-C チャージャー」や「HyperJuice 27000mAh USB-C モバイルバッテリー」など数々の人気充電製品を発表してきたHYPERが昨年11月、クラウドファンディングを実施したクレジットカードと同等の大きさを実現したUSB急速充電器「HyperJuice 100W GaN Charger」が手元に届いた。

USB-C充電器は、僕にとって必須アイテムの1つ。これまでは出力よりもコンパクトさや軽さを優先し、「RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112」や「Anker PowerPort Atom III 60W」を使ってきたが、いずれもUSB-Cポートは1つのみ。最大出力も60Wまで。16インチ型MacBook Pro(2019)がフルスピードで充電するために必要とする96Wを大幅に下回る。

同時にiPhoneやiPad、Apple Watchなどを充電したい場合は、別のUSB-C充電器を使う必要がある。旅先のホテルなど、コンセントが限られている場所では使い勝手が悪い。

HyperJuice 100W GaN Charger」はそれらの問題を一気に解決してくれる、画期的なUSB-C急速充電器だ。

カードサイズのボディはコンパクトだが、プラグの使い勝手は悪い

「HyperJuice 100W GaN Charger」は、最大出力や搭載ポート数の割に本体が小さい。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 01

Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」、「61W USB-C電源アダプタ」、「RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112」、「96W USB-C電源アダプタ」とサイズを比較する。
HyperJuice 100W GaN Charger Review Size Comparison 03

Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」と見た目は似ているが、一回りコンパクトであることが確認できる。
HyperJuice 100W GaN Charger Review Size Comparison 01

手で持つとその小ささが際立つ。重さは201g。「61W USB-C電源アダプタ」と同じながら、出力は63%増、ポート数は4倍。「96W USB-C電源アダプタ」と比較して約90g軽い。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 17

サイズは85.3 x 60.8 x 28.9mm。厚みが3cm以下であるため、電源タップに接続した場合、隣のコンセントに干渉しない。無駄に場所を取るCanon製のバッテリーチャージャーと並べても収まる。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 09

本体には折畳式プラグが内蔵されている。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 08

「HyperJuice 100W GaN Charger」最大の欠点は、このプラグだ。プラグが奥まった位置にあり周りが角ばっているため、プラグを出す度に指に突き刺さる。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 03

プラグを折り畳まずに持ち運びたくなるほど不快だ。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 04

この構造は、世界各国で利用可能にするための交換用プラグ対応が目的。ゆえに奥まった構造になるのは仕方ないが、これほど角ばっている必要はないだろう。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 02

本体がプラグに対して横長である点も注意が必要だ。壁にあるコンセントを利用する際に掛かる負担は気になる。挿した状態で約8cmも迫り出すため、狭い場所でも使い勝手が悪い。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 10
上向きに挿す分には問題ない

各ポートの出力や複数デバイスを接続した時の出力を確認

「HyperJuice 100W GaN Charger」は、USB-Cポートが2つ、USB-Aポートが2つ、合計4つのポートを搭載する。プラグは折畳式。USB-Cポートは最大出力100W、「Power Delivery 3.0」をサポート。USB-Aポートは最大出力18W、「Quick Charger 3.0」をサポートする。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 06

これら4つのポートを同時に利用した場合、各ポートの最大出力をまとめた表が以下。電源アダプタとしての最大出力は100W。例えばUSB-Cポートを2つ同時に使用した場合、一方は最大65W、もう一方は最大30Wまでの出力となる。

USB-C 1 USB-C 2 USB-A 1 USB-A 2 Total
同時出力
最大100W
45W 30W 12W 12W 99W
61W 12W 12W 85W
80W 18W 98W
65W 30W 95W
100W 100W
100W 100W
18W 18W
18W 18W

15インチ型MacBook Pro、13インチ型MacBook Pro、iPhone 11を使い、出力を確認した。

15インチ型MacBook Pro(USB-C)を接続した場合

まず15インチ型MacBook Proを1台、USB-Cポートから充電してみた。約84Wの出力が確認され、ほぼフルスピードで充電できていることが確認できた。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 11

システム情報を確認したところ、最大出力の100Wが確認できた。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 12

15インチ型MacBook Pro(USB-C) + 13インチ型MacBook Pro(USB-C)

次に15インチ型MacBook Proを接続した状態のまま、13インチ型MacBook Proを余ったUSB-Cポートに接続した。その結果、15インチへの出力が約62Wまで低下し、13インチへの出力は約29Wが確認できた。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 13

仕様上、USB-Cポートの同時利用で最大出力は65Wと30Wになる。想定通りの結果となった。

13インチ/15インチ型MacBook Pro(USB-C) + iPhone 11(USB-A)

続いて15インチと13インチのMacBook Proを接続したまま、さらにiPhone 11をUSB-Aケーブルで接続し、約6Wの出力を確認した。iPhoneに同梱されている5W電源アダプタよりも、わずかに出力が高かった。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 14

この時、15インチ型MacBook Proへの出力は約28W、13インチ型MacBook Proへの出力は約38Wだった。
HyperJuice 100W GaN Charger Review 15

仕様上、4ポートの同時利用で各ポートの出力は45W、30W、12W、12Wとなる。接続したデバイスの電池残量によって出力は変わるため、動作に問題はなさそうだ。

1台あれば困らない最強の充電器、形状や構造には改善の余地あり

HyperJuice 100W GaN Charger Review 07

HyperJuice 100W GaN Charger」は、高出力とコンパクトさを両立した素晴らしい製品だ。プラグ周りの作りには不満があるが、それを上回る便利さがある。

1台あれば最大4台までのデバイスを同時充電でき、高出力を必要とするデバイスでも最大100WのUSB-Cポートを使うことで解決する。特に16インチ型MacBook Pro(2019)を使っている人は、1台持っていて損はしないだろう。

出張や旅行などに行く人にとっても、何種類もの電源アダプタを持ち運ぶ必要がなくなり、荷物を減らすことができそうだ。海外旅行へ行く人でも、同梱されているアダプタを付け替えれば現地でも利用できるはず。

すでに「Kickstarter」でのクラウドファンディング・プロジェクトは終了しているが、現在は「Indiegogo」で第2弾としてプロジェクトが開催中

国内でも、フォーカルポイントが全く同じ仕様を持つ「TUNEMAX 100W GaN」のクラウドファンディングを実施している。本体カラーはホワイトだけではなくブラックもあるため、興味ある人はチェックしてみてはどうだろうか。

HyperJuice 100W GaN Charger
8.2/10
ギャラリー
関連キーワード
コメントを残す(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(5件)
  1. hanageman

    >各ポートの出力や複数デバイスを接続した時の出力を確認
    こちらの接続パターンで載ってないパターンはどうなってるのでしょうか?
    それぞれ他方が1つだけなら単独出力最大値のパターンみたいですけど・・・

    表にないパターンを全て抜き出しましたがこれであたってますでしょうか
    USB-C1+USB-C2+USB-A1=45W+30W+18W
    USB-C1+USB-C2+USB-A2=45W+30W+18W
    USB-C2+USB-A1+USB-A2=61W+12W+12W
    USB-C1+USB-A2=80W+18W
    USB-C2+USB-A1=80W+18W
    USB-C2+USB-A2=80W+18W
    USB-A1+USB-A2=24W+24W
    LilNob 65WのUSB-C2やLilNob 100WのUSB-C3のように単独以外の利用パターンに
    なると出力の最大値が変わることもあるので確認のため伺ってみました

  2. 通りすがりの読者

    https://mobile.twitter.com/zetton_zetton/status/1226179926534934529
    https://mobile.twitter.com/zetton_zetton/status/1226215398980247552

    どうもUSB-A含めた同時運用時に難がある模様?

    もしPower ICのNavitas GaNFast NV6117の仕様(不具合?)だとしたら採用製品に共通事象かもしれないですね。

    1. g.O.R.i

      なるほど!!実はレビュー後に使っていてちょっと気になることが見つかったので、ここに報告されている内容をもとに少し検証してみたいと思います!ありがとうごさいます!

  3. カメンリンゴ

    16インチを接続した時が気になりますが、
    出力合計100Wは安心感がすごいですね!
    デザインも(プラグ周りを除いて)かなり良いと思います。流石HyperMac…じゃなくてHyper Juiceのメーカー。
    Apple感というかApple好き感が伝わる(そういえば日本代理店がact.2から変わって久しいですね)
    それにしてもカッコいいし小さい…

    1. g.O.R.i

      16インチは電池が満充電すぎたので、今日日中電池なしでもりもり使うので、後ほど追記しますね!

      今は、ロア・インターナショナルが代理店です!この製品も、来週には国内クラファンを開始する予定です!

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索