【レビュー】「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」ーーコンパクトで高出力なUSB-C PD対応充電器

Satechi 75w Travel Charger USBC PD 02

僕は基本的に自宅では「MacBook Pro」を外部ディスプレイに接続して使うことが圧倒的に多いが、たまに「MacBook Pro」単体で作業したくなる時がある。

普段は「LG UltraFine 5K Display」を繋いでいるため、「MacBook Pro」への電源はディスプレイ系経由で供給しているが、単体で作業するとなると購入時に同梱されている電源アダプタとケーブルが必要。もちろん、自宅用に1台あるので挿しっぱなしにしておけばいいのだが、ほとんど使わないもののためにデスクスペースやコンセントを占有されるのは、なんだか納得いかない。

そこで、今回紹介するのは「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」。製品名の通り、旅行時に役立つことを想定しているようだが、何を隠そう、僕は自宅のデスクの上に常設している!

1台サンプルとして提供して頂いたので、紹介する!

USB-C PDポートは最大60Wの出力が可能

まずは簡単に搭載されているポートの紹介から。合計4つのポートが用意され、最大60Wの出力に対応したUSB-C PDポートが1つ、Quick Charge 3.0に対応したポートが1つ、そして最大2.4Aの出力に対応したUSBポートが2つとなっている。
Satechi 75w Travel Charger USBC PD 01

上部には青いLEDライトが用意され、その上には環境センサーが用意されている。指をかざすとLEDの明るさが自動的に調整されるという、あってもなくても困らない機能がシレッとある。そういうの、嫌いじゃない!
Satechi 75w Travel Charger USBC PD 03

同梱物はUSB充電器本体と専用の充電ケーブル。本体とケーブル合わせて300g弱となっていて、手に持った印象としては「思ったよりも軽い」。旅行に持ち歩いても邪魔にならず、負担にもならないサイズと重量ではないだろうか。
Satechi 75w Travel Charger USBC PD 05

Apple純正の61Wアダプタを購入するよりお得&便利

今回、僕は「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」を「Satechi アルミニウム モニタースタンド」の下に設置した。高さもちょうど良く、他の周辺機器とのバランスも悪くない。
Satechi 75w Travel Charger USBC PD 04

ここに設置することにより、iPhoneやiPad、マウスなどの充電に加えて「MacBook Pro」の充電が可能に。一箇所で各デバイスをまとめて充電できるのでとてもいい感じ!
Satechi 75w Travel Charger USBC PD 06

「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」は個人的に「買い」だ。

特にオススメなのは、自宅用や職場用に「61W USB-C電源アダプタ」の購入を検討している人。Apple純正品は税込み7,992円となっていて、搭載されているポートはUSB-Cポートが1つあるだけ。

一方、「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」は6,999円。60W出力に対応したUSB-C PD対応ポートが1つ、Quick Charge 3.0対応ポートが1つ、2.4A出力に対応したUSBポートが2つ。Satechi製の方が安く、より多くのポートを搭載し、1台でMac以外にも複数のデバイスを同時に充電することができる。

ちなみに僕は15インチ型「MacBook Pro」で使用しているが、よほど高負荷な作業をしない限りMacは想定通り充電されている。もちろん、純正の「Apple 87W USB-C電源アダプタ」を使った方が充電時間は短く済むが、僕の場合、Mac本体で作業したい時はそれほどヘビーな作業は行わないため、特に困っていない。

ちなみにMacを充電するためのケーブルは「Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブルを使用。長さ50cmなので挿しっぱなしにしても邪魔にならないことが魅力。

他にもUSB充電器は色々とあるが、ポートの数、ポートの種類、出力可能電力と価格のバランスは「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」が今のところ最も優れているのではないだろうか。

旅行や出張時のお供としてはもちろんのこと、自宅や職場でUSB-C搭載デバイスを含む複数デバイスを使っている人にとってはとても便利!購入は下記からどうぞ!