【レビュー】「Cellularline ZERO CASE」ーー薄さ0.4mmの「iPhone X/XS」対応ケース

Cellularline ZERO CASE for iphonexs 10

iPhoneの外観デザインを極力損なわずに、ただグリップ感を増してくれるような極薄ケースが欲しい、というニーズに答えてくれるのが「Cellularline ZERO CASE」。サンプルとして提供していただいたが、すぐに気に入ってしまい、常用中。

iPhone X」にも「iPhone XS」にも対応し、とにかく薄いので本体の邪魔をしない。個人的には本体のガラスよりもわずかに滑りづらくなり、ポケットの出し入れに支障をきたすことなく本体をカバーしてくれる点がとても気に入っている!

早速紹介する!

カメラ周りは余裕のある設計、ボタンは覆われない

Cellularline ZERO CASE」の魅力は、まるでケースを付けていないようなケースであること。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 01

こうして見てもケースを付けていることは分からないだろう。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 09

この薄さからは保護力を期待していはいけない。万が一落としてしまったとしてもケースが守ってくれる可能性は極めて低いだろう。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 03

それでも僕が気に入っているのは、やはりグリップ感が増し、「ケースを付けている」という安心感が得られるから。ボタンは本体のボタンを押すタイプなので、押し心地も損なわれていない。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 02

Lightningポートの切り抜きは穴にピッタリ合うように設計されている。ケーブルによっては使えないかもしれない。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 04

また、「iPhone X」にも対応するケースとなっているため、「iPhone XS」のスピーカーグリルの数が不均等であることが考慮されていないデザインになっている。僕は、気にならない。

薄さはたった0.4mmであるため、ディスプレイの保護も全く期待できない。不安な人は画面保護フィルムや保護ガラスを購入することをオススメする。
Cellularline ZERO CASE for iphonexs 07

保護力が全く期待できないとは言ったものの、細かい引っかき傷からは守ってくれるため、無意味というわけではない。特にステンレススチールフレームの部分は傷つきやすいため、本体を覆うというだけの保護も無駄ではない。

僕は時と場合によってiPhoneケースを変える。何かとアクティブに過ごす場合は「Cellularline ZERO CASE」は向かないかもしれないが、普段の生活ではそのような激しい過ごし方をするわけでもないので、僕のライフスタイルにあっているように思う。

とにかく薄いケースが欲しい、という人は「Cellularline ZERO CASE」をチェックしてみるべし!

7.510
Cellularline ZERO CASE
あわせて読みたい