iPhone 11用Smart Battery Caseのカメラボタン、仕組みが解明

なぜiPhone本体にないボタンを押すことによってカメラを起動できるのか

Iphone11 smart battery case xray 1

Appleから発表されたiPhone 11」用の「Smart Battery Case」には、カメラを即座に起動することができる専用のボタンが用意されている。これは初めて搭載される機能となっていて、ロックが掛かっている時でもホーム画面でも短押しで静止画、長押しで動画の撮影が即座に可能。

気になるのは、この仕組み。当然、iPhoneにはカメラ専用ボタンなんて用意されていない。なぜ、本体にないボタンを押すことによってカメラを起動できるのか

iFixitCreative Electronの協力を得て、カメラボタンの仕組みを解明したと発表している!

全モデル共通して2つのセルに分割された10.9Whのバッテリーが内蔵

iFixitは一部のスマートフォンアクセサリが利用しているように、何かしらの無線通信を利用してカメラを起動する仕組みではないかと予想していたそうだが、結果的にそれはハズレ。

答えは、カメラボタンが超小型の基盤に接続し、Lightningポートの下部を経由してカメラボタンを操作可能にしている、だった。

Iphone11 smart battery case xray 2

なお、このカメラボタンは軽く押しても起動せず、少し長押し気味にしなければ起動しない。これは、誤動作を防ぐための対策であると考えられている。

iPhone 11」シリーズ向けの「Smart Battery Case」は共通して2つのセルに分割された10.9Whのバッテリーが内蔵されているとのこと。

価格は税別14,800円。重さは増すが、iPhoneを超ハードに一日中使いたい人にとってはいちいちモバイルバッテリーを接続する必要性がなくなるため、重さとの良いトレードオフになるかもしれない。

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 通りすがりの読者

    なるほどわからん!
    Anker PowerCore+ 10000 Proのことを考えると、やろうと思えばカメラボタンはサード製ケースなどでも作るれんでしょうね。

「iPhone用ケース・カバー」新着記事
トレンド検索