「Smart Battery Case」用アイコン、「iOS 12.1.2」内から”力技”で発見される

Smart Battery Case Charger icons 1

2019年に発表が期待されるAppleの新製品の中に昨年末から登場が噂されていた「Smart Battery Case」がある。

昨年12月時点では「Smart Battery Case」を準備していることを示唆する画像が「watchOS 5.1.2 Beta 2」のコード内から発見され、その数日後にはる「Smart Battery Case」に関する情報が記載された内部資料が発覚。

今度はiOS 12.1.2」内に「Smart Battery Case」用アイコンが発見され、やはりAppleがiPhone XS」または「iPhone X」用の「Smart Battery Case」を準備していることは間違いなさそうだ!

ホームボタンのないiPhone用バッテリーケースのアイコン

面白いのが、このアイコンを発見するために行われた実験だ。Redditによると、写真の投稿者は「iPhone 7」用の「Smart Battery Case」を削り、「iPhone X」に装着。

その結果、バッテリーウィジェットにホームボタンのないiPhone用バッテリーケースのアイコンが発見され、充電時も「Smart Battery Case」が認識されていることを確認している。

Smart Battery Case for iPhoneX

iPhone 6/6s」用「Smart Battery Case」の電池容量は1,877mAh、「iPhone 7」用「Smart Battery Case」の電池容量は2,365mAhだった。一方、「iPhone 6」の電池容量は1,810mAh、「iPhone 6s」の電池容量は1,715mAh、「iPhone 7」の電池容量は1,960mAh。

iPhone XS/X」用のバッテリーケースがどの程度の電池容量を持つかは分からないが、1回分の電池容量である2,700mAh前後となるとケースそのものが大きくなり見栄えが悪くなるため、「mophie juice pack air for iPhone X」と同じく1,720mAh程度になるかもしれない。

一部噂によると新しい「Smart Battery Case」はレザー製かもしれないという情報もある。発表時期も明らかになっていないが、3月までには登場する可能性は十分ありそうだ。

(via MacRumors

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索