【レビュー】UAG METROPOLIS LT MAGSAFE:MagSafe対応ケブラーケース

機能性も見た目も好みだが、ワイヤレス充電に関する注意点あり

UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 11

METROPOLIS LT MAGSAFE」は、URBAN ARMOR GEAR(UAG)初のMagSafe対応ケース。UAGならではの高耐久性を実現しながら、MagSafe用のリングマグネットをケースに内蔵。対応アクセサリーを安心して利用できる。

ケースにはケブラー素材を使用しており、強度だけではなく肌触りの良さが魅力。頑丈で縫い目の粗い布のような質感が好みだ。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 02

耐久性はお墨付きだ。落下高さ122cm落下方向26方向の製品落下試験をクリアすることと規定された、米軍採用品の選定に用いられる米国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリア。その証明として、レンズ横に刻印されている。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 03

四隅は不意の落下から本体を保護する構造が採用されており、カメラ部分は覆われている。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 01

ボタンはクリック感があり、押しやすい。ディスプレイ面には僅かな縁があり、画面を保護してくれる。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 07

リングマグネットを内蔵、MagSafeアクセサリに対応

UAGのiPhone 13 Pro用ケースには「MONARCH」や「CIVILIAN」などの耐衝撃ケースがラインアップされているが、METROPOLIS LT MAGSAFEは唯一MagSafe用リングマグネットを内蔵する。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 08

充電器や車載ホルダー、ウォレットなどのMagSafe用アクセサリを装着できる。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 10

軽量構造をアピールしているが、ケースは重い部類

メーカーは軽量構造をアピールしているが、お世辞にも軽いとは言えない。MagSafe用リングマグネットを内蔵したSpigenマグ・アーマーは36.1g、PITAKA MagEZ Case 2は21.3gだが、METROPOLIS LT MAGSAFEは40gもある。
UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 09

ケースの触り心地は最高だが、ワイヤレス充電に致命的な問題を発見

UAG METROPOLIS LT MAGSAFE Review 12

METROPOLIS LT MAGSAFEは、ケブラー素材の質感、UAGならではの耐久性の安心感があり、MagSafe対応高耐久ケースとして気に入っている。しかし致命的な問題に遭遇してしまった。

MagSafeではないスタンド型のQiワイヤレス充電器を使用すると、カメラ部分が干渉し正常にワイヤレス充電されない場合がある。ケースの厚みが加わることで充電面から離れてしまうことが原因と見られる。パッド型は正常に充電できる。

METROPOLIS LT MAGSAFE固有の問題ではなく、一部iPhone 13 Pro用ケースの課題と見られる。Spigenマグ・アーマーでも時折発生する。PITAKA MagEZ Case 2は問題ない。

ベッドサイドで利用していたLogicool Powered Wireless Charging StandBelkinワイヤレス充電スタンドなどで試したが、充電が切れる。MagSafeやLightningのみで充電しているのであれば問題ないが、スタンド型のQiワイヤレス充電を併用している場合は注意が必要だ。

UAG METROPOLIS LT MAGSAFE
7.6/10
ギャラリー
関連キーワード
特集
公開情報
更新日2021年10月09日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:612720)

    200gのProに40gのケースはさすがにキツイ…

「iPhoneケース」新着記事
トレンド検索