Apple、「iPhone 6/6s」用純正バッテリーケースを発表し、衝撃走る

Smart Battery Case

Appleのデザインチームがお世辞にも格好いいとは言えない商品を突然投入してきた。一体どうしたのだろうか。

本日、Appleから「iPhone 6/6s」用純正バッテリーケース「Smart Battery Case」が突然発表された!

11,800円!チャコールグレイ/ホワイトの2色展開

突然発表されたApple純正のバッテリーケース。ハッキリ言ってダサいの一言に尽きる

具体的な電池容量は明らかになっていないが、装着することによって通話は最大25時間LTEでのインターネット利用は最大18時間に延長される。

iPhone 6s本体のみ Smart Battery Case装着時
インターネット利用時間 最大10時間 最大18時間
連続通話時間 最大14時間 最大25時間

ケースの内側は柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用し、外側はシリコン製。ヒンジ部分にはエラストマーを使っているため、ケースの取り付けや取り外しがし易く設計されているそうだ。

純正ケースならではの機能として、「Smart Battery Case」を装着するとバッテリーの状態を示すインテリジェントな表示がiPhoneのロック画面上と通知センターに表示されるとのこと。バッテリー残量が正確に分かるのはなかなか便利だ。

カラーはチャコールグレイホワイトの2色展開。価格は11,800円と、Appleにしては比較的リーズナブル。
Smart Battery Case

ただ、それにしてもダサい。これほど薄さにこだわり続け端末の薄さを優先するばかりに電池容量を増やすことを拒み続けたAppleがバッテリーケースを用意するとは理解に苦しむ。

とは言え、さすが純正とも言える薄さと肌触りの良さにこだわっていそうな製品であることは事実。「僕らがバッテリーケースの本来あるべき姿を提案しよう」と言う意気込みは感じられなくはないが、「明らかにバッテリーを積んでます」と言わんばかりの出っ張りはAppleらしいとは言えない。

気になる人は以下からどうぞ。

Apple Online Storeで「Smart Battery Case」をチェック!