Apple、純正のMagSafe対応モバイルバッテリーを準備中か

ソフトウェアとの連係、ケースの有無による調整など、解決できない問題がある模様

Iphone12 apple magsafe battery concept image

Apple純正MagSafeモバイルバッテリーのイメージ画像

Appleは、純正のMagSafe対応モバイルバッテリーを準備している可能性がある。Bloombergによると、一部のプロトタイプは白いラバー製だという。内部テストでは磁力は十分と判断されたが、ソフトウェアとの連係に問題が発生。MagSafeモバイルバッテリーが発熱していると誤認識されてしまうそうだ。

他にもケースの有無による調整に手こずっており、延期または発売が中止される可能性もある。当初の計画は、MagSafeモバイルバッテリーをiPhone 12発売後、数カ月以内にリリース予定だった。

iOS 14.5のベータ版にもMagSafeバッテリーを示唆する記述あり

開発者向けにリリースされた「iOS 14.5 Beta 2」内から、MagSafeを使用した「バッテリーパック」、現在は用意されていない「モバイルチャージモード」の記述も発見されている。

「モバイルチャージモード」は、”バッテリー効率を維持する”ために「電池残量を90%に保つ」と記載されている。

Appleは充電関連アクセサリーの発売に慎重だ。2017年にはiPhone、Apple WatchAirPodsを同時に充電できる「AirPowerマット」を発表したが、2019年に発売中止を発表。理由は発表しなかったが、オーバーヒートが原因とされている。

MagSafe対応モバイルバッテリーの欠点は解消されているのか

MagSafe対応モバイルバッテリーは、本体に貼り付けるだけで充電できる便利さがある一方で、従来の有線接続に比べて劣る点が2つある。

1つ目は、出力。MagSafeは最大15W出力だが、USB-C to Lightningケーブルを使用すれば最大18Wで出力できる。2つ目は、充電効率。ワイヤレス充電中に発生する発熱を抑えるため、温度が上昇するとは出力が制限される。MagSafeも例外ではなく、iPhoneに充電できない”無駄なバッテリー容量”が出てきてしまう。

これらの問題が解決できていれば、有線接続に比べて最高出力が多少落ちたとしても、ケーブル不使用でも使用できる利便性が上回りそうだ。

しかしMagSafe対応モバイルバッテリーの使用には注意が必要だ。Appleによると、ペースメーカーおよび自動体外式除細動器などの医療機器に内蔵されているセンサーが、iPhone 12シリーズ内蔵の磁石および無線に反応する恐れがあると説明している。

干渉を避けるため、Appleは医療機器と15cm以上、充電している場合は30cm以上離れることを推奨している。

関連情報
タグ#MagSafe
更新日2021年02月19日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:597051)

    MagSafeに拘りすぎてると思いました。AirDropを早期に整備したAppleには、室内ならどこでも無線で充電できるスマホをいち早く作って欲しいと思います(ロマンです)

  2. 通りすがりの読者(コメントID:597030)

    頼むから充電ポートはtypeCにしてくれ〜!
    (たぶんLightningになるんだろうけど。。)

「iPhone用ワイヤレス充電器」新着記事
トレンド検索