Facebookにプリクラの装飾機能を付け加えた、落書きメッセンジャーアプリ「DrawChat」が登場!今だけ無料!

Drawchat

LINEよりもFacebookメッセンジャーを使っているという人、注目!

メッセージでスタンプを送り合うことは今やコミュニケーションの基本と言われても仕方ないほど定着している。それほどLINEのスタンプは僕らの生活に定着しているのだ。

次々と有料スタンプもリリースされているが、いくら好きなキャラクターとは言え、何度も使っていると見飽きてしまう。そろそろ自分でスタンプを作りたいという人も出てきてもおかしくない。

本日、Facebookメッセンジャー向けAPIを使用したiPhone、Androidチャットアプリ「DrawChat(ドローチャット)」がリリースされた!ユーザー同士がイラスト描いて送ったり、プリクラのように画像を加工して楽しむことができる!

※Android版はこちらからどうぞ

Facebookメッセンジャーをベースとした、落書きメッセンジャーアプリ

開発したのはドコモイノベーションビレッジ第1回プログラムに選ばれた学生ベンチャー「プライムアゲイン」。200万ダウンロードを突破した「DecoAlbum」などのアプリの企画・開発・運営などを手掛ける、今注目の若手ベンチャー企業だ。

今回開発された「DrawChat」は、Facebookメッセンジャー用APIを活用した世界初の落書きコミュニケーションアプリ。24種類のペンと30種類の画像加工用イラストを使ってオリジナルスタンプを作り、Facebookメッセンジャーに直接送れる。要はFacebookメッセンジャーにオリジナルスタンプ機能を追加したメッセンジャーアプリなのだ。

DrawChat

「DrawChat」を使っていない相手にでも気軽に送ることができるのは魅力。そしてどうやら既読にならないという裏ワザ的機能があるらしい!

DrawChat

個人的に使ってみて驚いた機能としては、アプリ内部から欲しい画像を検索する機能が備わっている点。落書きしたい元の画像をサクッと調べ、思い通りに加工して友達に送る、という使い方が簡単にできるのだ!

DrawChat

用意されているペンやイラストはまるでプリクラ!女性はもちろん、男性でもふざけて写真や画像を加工して使えそうだ!

DrawChat

表現の幅を広げるために「DrawChat」を活用するべし!

画像に落書きをしてオリジナルスタンプとして送りあえるメッセンジャーアプリ「DrawChat」。実は単純に言葉で説明することが面倒な内容を画像で送る、という使い方も可能。言葉で長々と説明せずに、手書きで殴り書きしたイラストの方が伝わることもあるのではないだろうか。

事実、友達同士のやり取りはLINEの方が多い。ただ、Facebookメッセンジャーもそれなりに使っている。どうせ同じFacebookメッセンジャーを使うのであれば、「DrawChat」をインストールしておいて損はしない。

DrawChat」は250円の有料アプリだが、リリース記念として9月10日まで無料!今のうちにダウンロードして試してみるべし!Android版はこちらからどうぞ