ソフトバンク、ピンチ!iPhoneの下取りサービスを中止するよう警視庁が指導

警視庁 ソフトバンク
【img via 警視庁 by atgw

ソフトバンクに過去最大のピンチ到来か?!

YOMIURI ONLINEによると、ソフトバンクの「スマホ下取りプログラム」が古物営業法違反に当たる恐れがあるとして警視庁が同サービスを中止するよう指導が入ったそうだ…。


非常に簡単に言うと、ソフトバンクは旧iPhone端末を下取りする上で取るべき手続きを取っていなかったようだ。同紙には以下のように書かれている。

古物営業法では、中古品を下取りするには営業所のある都道府県公安委員会から古物商の許可を得る必要があるが、同社は許可を得ていなかった。無許可営業は3年以下の懲役か100万円以下の罰金。

ソフトバンクは過去にも下取りプログラムはやってきていると思うのだが、今回だけ手続きを怠ったのだろうか、それとも過去も同様に違反していたのだろうか。

同社は下取り方法をこれまで受け取った分も含めて対応方法を見直すとのこと。ここ最近はどう見てもauに圧倒されているソフトバンク、踏ん張りを見せて欲しいね。

(via 気になる、記になる…
(via YOMIURI ONLINE)

もっと読むiPhoneまとめ