USB制限モード、Lightningアクセサリを挿しておけば回避可能

IPhone8Plus Color Variation

iOS 11.4.1」には「USB制限モード」が追加され、iPhoneがロックされてから1時間以上経った場合、USBアクセサリを利用したデータ通信が利用できなくなる仕組みになっている。

この機能はロックされたiPhoneにアクセスしようとするFBIや政府機関などからiPhoneを守るための対策として導入されたと見られているが、早速この制限を回避する方法ElcomSoftが発見したようだ。

USB制限モードに入る前にLightningアクセサリを挿すだけ

Appleが用意したUSB制限モードは、これまでiPhoneに接続されたことがない、信頼できないLightningアクセサリを挿しておくことによって1時間のカウントダウンタイマーがリセットされる仕組みであることが判明。

そのため、押収されたiPhoneが「iOS 11.4.1」にアップデートされている場合、USB制限モードに入る1時間以内に対応するアクセサリを挿すことによってデータ通信が可能な状態に保つことができるそうだ。

ElcomSoftが推奨するアクセサリは「Lightning – USB 3カメラアダプタ」。電源を供給しながらもデータ通信用のUSBポートが用意されていることが理由だという。

Lightning USB3 Camera Adaptor

この”回避方法”はあくまでもiPhoneがUSB制限モードに入っていないことが条件。ちなみにLightningアクセサリであれば何でも回避できるかというとそうでもないようで、「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は回避に失敗したという。

なお、Grayshiftによると「iOS 11.4」以降、Appleはパスコードのリクエストを10分間に1回しかできない仕様に変更していることが判明。ブルート・フォース(総当たり)で突破すること自体も極めて難しくなっているようだ。

(via 9to5Mac

関連記事