IIJ、iPhone XS/XRなどで”2枚目のSIM”として使えるeSIMデータ通信サービスを提供へ

初期費用は3,000円、月額料金は6GB/1,520円から!20GB/3,100円、30GB/5,000円の大容量オプションも用意

IIJ eSIM Plan

iPhone XS」や「iPhone XR」なら既存の物理SIMとは別に、もう1枚のSIMを追加することが可能に!

IIJは7月4日、国内初となるデータ通信サービスeSIM「データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版) 」の提供を2019年7月18日から開始することを発表した。

eSIMとは

eSIMとは、いわばSIMカード機能を端末内部に埋め込んだ機能。物理的なSIMカードは必要とせず、端末内からの操作で有効化できることから、店舗に行くことなくオンラインで契約を済ませ、利用できる点が魅力。

ただ、僕らはすでにSIMカードを入れてiPhoneを使っている。なぜこのeSIMがあると便利なのか。

最新のiPhoneは、挿してある物理的なSIMカードとは別にeSIMを有効化することができるようになっている。つまり、2つのSIMを切り替えることができるため、音声通話は片方のSIM、データ通信はもう片方のSIM、という使い分けが可能になる。

実際に計算したことがないので正確なことは分からないが、場合によっては毎月の通信料金を節約することに繋がる可能性もある

データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版) の利用料金

利用料金は初期費用が3,000円、月額料金が6GB/1,520円から。あくまでもデータ通信専用のeSIMサービスであるため、SMSや音声通話などは利用できない最低利用期間は契約日から翌月末までの最大2ヶ月となっている。

オプションとして、月額3,100円で20GB、月額5,000円で30GB利用できるオプションも用意されている。

料金 月額利用料 1,520円
初期費用 3,000円
SIM発行手数料 200円
ユニバーサルサービス料 なし
データ通信量 バンドルクーポン(高速データ通信量) 6GB/月
データ通信量の追加(※1)
通信速度 高速データ通信利用時 上り最大131.3Mbps
下り最大1288Mbps
データ通信量超過後 200kbps
最低利用期間 契約日から翌月末まで(最大2ヵ月)
利用可能なオプション 「データオプション」(20GB、30GBのデータ通信量追加オプション)
「モバイルオプション」(セキュリティ対策等アプリの提供オプション)

動作確認済みの端末(2019年7月4日現在)

対応するiPhoneは「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、「iPhone XR」となっていて、iPadは11インチ型「iPad Pro」、12.9インチ型「iPad Pro(第3世代)」、「iPad Air(第3世代)」、「iPad mini(第5世代)」となっている。

Microsoft Surface Pro LTE Advanced」での動作も確認されている。

なお、Apple Watchのセルラーモデル(Series 3/4)では利用できない。

各種キャンペーンも開催

サービス開始を記念し、「eSIMデビュー応援キャンペーン」を複数回に渡って開催される。

それぞれの実施期間と内容は下記の通り:

【第一弾】 初期費用1円

  • 開催日程:2019年7月18日(木) 10:00 ~ 7月31日(水) 23:59
  • 内容:初期費用3,000円(税抜)を1円で提供

【第二弾】 通信データ量3ヵ月間1GB増量

  • 開催日程:2019年8月1日(木) 0:00 ~ 8月14日(水) 23:59
  • 内容:利用開始の翌月から3ヵ月間データ量(バンドルクーポン)を毎月1GB増量

【第三弾】 月額利用料3ヵ月間 1,000円割引

  • 開催日程:2019年8月15日(木) 0:00 ~ 8月28日(水) 23:59
  • 内容:利用開始月の翌月から3ヵ月間、月額料金を1,000円(税抜)割引(利用開始月の料金は、日割りにて算出)
「スマートフォン」新着記事
トレンド検索