2022年の新型iPad Proは3nmチップ、新型iPhoneは4nmチップ搭載か

5nmプロセスチップ(A14 Bionic、M1)と比べて性能・消費電力ともに改善

Daniel korpai o1utz9Neufo unsplash

Appleは、2022年の新型iPad Pro3nmプロセスを採用した最先端のチップを搭載する可能性がある。Nikkei Asiaによると、2022年の新型iPhone(iPhone 14)はスケジュールの都合で最先端チップの搭載は見送られ、4nmプロセスを採用したチップになるという。

パフォーマンスは10〜15%向上、消費電力は25〜30%低下

TSMCによると、3nmプロセスのチップは5nmと比べてパフォーマンスが10〜15%向上すると同時に、消費電力を25〜30%抑えられるiPhone 12シリーズのA14 Bionicチップ、iPad Pro(2021)のM1チップは、いずれも5nmプロセスを採用している。

Appleは例年、最先端のチップをiPhoneで最初に披露する傾向にあるが、Nikkei Asiaの報道が正しければ、3nmプロセスのチップはiPad Proが先行する。2020年にも、A14 Bionicチップを搭載したiPad Air(第4世代)を9月に発表した後、10月にiPhone 12シリーズを発表した。

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、5nm+プロセスを採用した「A15 Bionic」チップを搭載するとの噂。A14 Bionicチップと比べて演算速度が7%向上し、電力消費を15〜20%抑えられると見られている。

2022年の新型iPad Proは、デザインを刷新する計画がある。筐体はアルミニウム製からガラス製へ移行し、MagSafeに似た仕組みをもつワイヤレス充電の追加が報じられている。iPadがワイヤレス充電台としても機能する、双方向ワイヤレス充電技術を搭載する可能性も報じられている。

(Source: Nikkei Asia via MacRumors

2022年の新型iPhone・iPadの噂

4本の記事を表示する
関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索