次期iPhoneは薄さ6mm、ホームボタンが小型化?!アクセサリーメーカー用「iPhone 6」のレンダリング画像がリーク!

iphone 6 rendering
次期iPhoneこと「iPhone 6」はやはり現行モデルよりもかなり薄くなる予感?!


UkranianiPhone.comが入手したアクセサリーメーカー用「iPhone 6」のレンダリング画像によると、次期iPhoneは薄さ6mmになるようだ!以前にも「iPhone 6」の薄さが6mmになるかもしれないと伝えているが、実現すれば現行モデルである「iPhone 5s」の薄さ7.6mmに比べて1.6mmも薄くなる。果たしてこれほど劇的に薄くなることなんてあり得るのだろうか?!

バックパネルの上下はアンテナ用に金属製パーツを搭載

今回リークした画像はFoxconnでテスト中とされる「iPhone 6」のプロトタイプの写真をより高画質化したものであるとされる。バックパネルの上部分とした部分には金属製のパーツが取り付けることになっていることから、アンテナが設置されると思われる。

また、次期iPhoneは薄さ6mmになる他、縦幅は138mm横幅は67mmになると伝えている。「iPhone 5s」の縦幅123.8mm、横幅58.6mmと比べて全体的に大きくなっている。ディスプレイサイズは4.7インチになるだろうと指摘されている。


リークしたレンダリング画像が本物だとすれば、iPhone 6」のホームボタンはわずかに小さくなるかもしれないと伝えられている。スリープボタンはSIMカードトレイの横に移動し、最新の噂の通り、筐体は丸みを帯びたデザインとなっているようだ。


気になる点があるとすれば、フラッシュ用の穴が「iPhone 5s」に搭載されているデュアルLEDフラッシュ用の穴と大きさが違うこと。「iPhone 5」の頃のデザインに戻っているのはたまたまなのだろうか。細かいところではあるが、確かに気になる。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!