比較的画質の良い「iPhone 6」4.7インチモデルのフロントパネルとバックパネルの写真がリーク!

iPhone 6のバックパネル

ここ最近リークされている写真のクオリティが徐々に向上しているのは何か理由はあるのだろうか?!

本日、Weiboにて比較的画質の良い「iPhone 6」4.7インチモデルのフロントパネルとバックパネルの写真が投稿されていたので、紹介する!

iPhone 5s」よりもベゼル部分が薄くなる見通し

ディスプレイサイズを大きくしながらも極力横幅を増やさないためにはやはりベゼル部分を削るだろうとは予想されていたが、最新のリーク写真では確かにiPhone 5s」よりもベゼル部分が薄くなっているように見受けられる。また、ホームボタンとディスプレイの距離やFaceTimeカメラ(内向き)とディスプレイの距離も近くなっているようだ。
iPhone 6のフロントパネル

バックパネルにはやはり上下に謎のラインが入ったままとなっている。恐らく100人中100人が「ダサい」と答えるこのラインだが、正式版リリースまで残るのだろうか…。
iPhone 6のバックパネル

バックパネルの内側らしき写真もリークしている。気になるのはバッテリー容量が増えるのかどうか。大型ディスプレイは確実に電池を消費すると思われるので、少なくともこれまでと同程度、可能であればより長くなった電池持ちに期待したい。
iPhone 6のバックパネルの内側

今後秋に向けて様々なリークが公開されると思われるので、ワクワクしますな!

(via 9To5Mac