iPhone 4とiPhone 3GSがアメリカのモバイル市場の26%を占める

comScoreの発表によると、AppleはiPhone 4とiPhone 3GSの2端末しか販売していないのにも関わらず、モバイル市場の26%以上を占めるているらしい。

以下が3月〜5月までのOEM別シェアの平均を出したもの。

smartphone
【img via Boy Genius Report

上記を見ての通り、2位以降はRIM、HTC、Motorola、Samsung、となっているが、共通して言えるのは、それぞれのOEMは複数端末を出しているのにも関わらず、現在市場に2端末しか出していないAppleよりシェアが少ない。

プロダクトを作る際のターゲティングは当然必須だとは思うが、iPhoneがこれほど多くのユーザーに愛されるのはターゲティング以前の部分をしっかり押さえてあるからなのだろうか。それは使いやすくするユーザーインターフェースなのか、使っていて楽しいワクワク感なのか、昨日3年目の誕生日を迎えたApp Storeが魅力的なのか分からないが、少なくとも他のOEMが学ぶべき点はあるはずだ。

ちなみに、「OEMって何?」という人のために、 Wikipediaから抜粋しておく。

OEM(オーイーエム)とはOriginal Equipment Manufacturer(オリジナル エクイップメント マニュファクチュアラー)の略で他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である

(via Boy Genius Report