Apple、将来のiPhoneに折り曲げられる液晶ディスプレイの採用を検討中か

Appleは将来のiPhoneにおいて折り曲げられる液晶ディスプレイを採用することを検討しているWSJが報じている。

偶然にもジャパンディスプレイは25日、スマートフォン向けの5.5インチ型シート状液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE FLEX(フルアクティブ・フレックス)」を発表。プラスチック製のTFT基板を搭載しているため、自由に折り曲げることができる。

折り曲げられるディスプレイと言えば有機ELディスプレイ。ジャパンディスプレイ代表取締役社長の有賀修二氏は「有機ELディスプレイほどフレキシブルではない」と前置きをしたものの、Samsungの「Galaxy Edge」シリーズに採用されているような曲面ディスプレイは実現可能であると指摘。

これらのディスプレイは2018年から量産化を目指すとしているが、だからといって2018年に発表されるiPhoneが折り曲げられるようなデバイスになる可能性は極めて低い。

当たり前だが、ディスプレイが折り曲げられるからと言って筐体が折り曲げられる訳ではない。万が一Appleが血迷って折り曲げられるiPhoneを開発しようとした場合、筐体に使われている素材を大幅に見直す必要がある。

それでもジャパンディスプレイの技術はAppleを筆頭としたスマートフォンメーカーから需要がありそうだ。

その理由はコスト有機ELディスプレイと比較して液晶ディスプレイは安価で製造することができるため、湾曲したディスプレイを採用したいメーカーにとっては魅力的。

Appleは2017年に発表するiPhoneに曲面型有機ELディスプレイを採用するという噂がある。今後のiPhoneは有機ELディスプレイのままになるのか、それとも将来的には液晶ディスプレイになるのか。

(via 9to5Mac