「iPhone 8 Pro」、暗所でも超高速で顔認証が可能?!

IPhone Pro forbes Rendering 4

iPhone 8 Pro」に「Touch ID」の代わりに搭載される顔認証システム「Face ID」は数百ミリ秒で認証成功するKorea Heraldが報じている。

以前も「Face ID」はデバイスが机の上のような平らな面の上に置いてあっても動作し、「Touch ID」よりも安全、正確、そして認証速度も早いと伝えられていた。「Apple Pay」もサポートする見通しとなっていて、サードパーティへの解放や複数の顔が登録可能であることから、まさしく「Touch ID」をまるっきり置き換える存在になると予想されている。

赤外線によって暗所でもユーザーの顔を認識可能?!

暗所における認証時を不安視する声も多いが、WSJによると赤外線を使用するため、暗闇でもユーザーの顔を認識できると指摘している。

iPhone 8 Pro」に搭載される3Dセンシングは「structured light」で実現。これは赤外線の点パターンを照射し、被写体の形状を認識する技術となっていて、暗闇でも顔の形状を認識することができるという。

Kinectで「structured light」を使用してセンシングしている様子を赤外線カメラで撮影した動画があったので、紹介しておく。

つまり、自分自身は暗くてiPhoneの画面を全く見ることができなくても、顔認識が成功すれば画面のロックは解除され、「Apple Pay」の支払いも行えるということになる。少し不気味だが……凄い!

なお、以前入手した「iPhone Pro」用の画面保護ガラスの切り込みにも赤外線センサーおよび受信用センサーが搭載されているようだ。

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読