「iPhone Pro」用の画面保護ガラスを入手

IPhone Pro 8 Edition Glass GoriMe

gori.meは、Foxconnの工場から入手したとされる情報をもとに制作された「iPhone Pro」用の画面保護ガラスの写真を、香港在住の友人を通じて入手した。

興味深いのは、画面保護ガラスが2種類されているということ。片方は今年6月頃に投稿された保護ガラスとケースのハンズオン動画にあったものと同じデザイン、もう片方はMacお宝鑑定団Blogが入手した画面保護ガラスと同じデザインとなっている。

上部の切り込みは赤外線センサー、下部は受信センサー

それぞれより大きい写真で紹介する。こちらが古い方の強化ガラス。目視では一定の幅を保ったベゼルが画面の端を覆い、上部のみ、各種センサー用の切り込みが用意されている。

こちらが新しい方の強化ガラス。上記との違いは切り込み部分の中央。古い強化ガラスでは1つだった穴が2つに分かれている。

Macお宝鑑定団Blogによると、上が赤外線センサー、その下が受信用のセンサーとなっているとのこと。他は、左から順に虹彩センサーが2つ、右側にはFaceTimeカメラとさらにもう1つの虹彩センサーが搭載されていると解説されている。

「iPhone Pro」は2017年10月〜12月の前半に発売されると噂されている。

あわせて読みたい