「Smart Connector」を搭載した「iPhone Pro」のモックアップを入手

IPhone Pro 8 Edition Mockup GoriMe

gori.meは、Foxconnの工場から入手したとされる情報をもとに制作された「iPhone Pro」のモックアップの写真を、香港在住の友人を通じて入手した。

上記写真は「iPhone 7」と「iPhone Pro」を並べたもの。縦並びのデュアルレンズカメラは健在だが、興味深いのは「Smart Connector」が用意されている、ということ。

真っ先に気になる点はいくつかある。まず、「iPad Pro」に搭載されている「Smart Connector」は端子が3つ。このモックアップに搭載されているものは4つ。iPhoneとiPadで仕様が異なる可能性もあるが、過去に「iPhone 7 Plus」の実機がリークした際には「iPad Pro」と同じ3つ穴の端子だった。

また、Appleは「Qi」を推奨する業界団体「WPC(ワイヤレス・パワー・コンソーシアム)」に参加し、次期iPhoneはいずれもワイヤレス充電に対応すると見られている。「Qi」に対応しているのであれば、洗練されたデザインを追求し続けているAppleなら「Smart Connector」は搭載しないだろう。

「Smart Connector」以外は既存の情報通り

これらのことから、この「Smart Connector」を搭載している「iPhone Pro」のモックアップには疑問が残る。ただ、少なくとも工場内部から入手したデータをもとに作成されたものであるため、一時的にでも検討されていたデザインの1つだったのかもしれない。
IPhone Pro 8 Edition Mockup GoriMe

「Smart Connector」以外は既存の情報と一致。「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」と比較した写真もある。4.7インチモデルより少し大きく、5.55インチモデルより一回り小さい。「iPhone Pro」は「iPhone 7」と比較して若干縦長になっていることが分かる。
IPhone Pro 8 Edition Mockup GoriMe

ディスプレイ側は、残念ながらディスプレイとベゼルの境界線が見えず、よく分からない。ただ、「iPhone 7 Plus」のホームボタンの位置から「iPhone Pro」のディスプレイサイズは5.5インチ以上であると推測できる。
IPhone Pro 8 Edition Mockup GoriMe

電源ボタンもやはり長く設計されている。その理由は未だに不明だが、「iPhone 7/7 Plus」と比較するとその違いは一目瞭然。SIMカードトレイも少し下に移動している。
IPhone Pro 8 Edition Mockup GoriMe

「iPhone Pro」は2017年10月〜12月の前半に発売されると予想されている。