「A9」チップ問題、終焉へーーTSMC製とSamsung製に性能差は無し

A9 Processor

iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」ユーザーの間で物議を醸した「A9」チップ製造メーカー問題。これまでの調べによるとTSMC製の方がSamsung製よりも僅かながら電池持ちが長いことが明らかになっていた。Apple自身も2〜3%程度の差はあるとコメントし、大きな話題となっていた。

コンシューマー向け商品を徹底的に検証し評価することで信頼のあるでアメリカの情報誌「Consumer Reports」はiPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサは製造メーカーによって電池性能差も無ければ本体温度差も無いと結論付ける調査レポートを発表した!

「安心してください、性能は同じですよ」

Consumer ReportsはTSMC製・Samsung製のプロセッサを搭載した2つの「iPhone 6s」を用意し、どちらも「iOS 9.0.2」にアップデートし、ディスプレイの照度は150nit(明るさメーターで言うところの半分マーク)で固定。設定や通知、アプリなどが全て完全に一致していることを確認してからテストを実施している。

具体的なテスト内容としては、同じ電波強度でT-Mobileの回線に接続していることを確認した上で、独自アプリでAmazonやApple、CNNやYahooなどを含む20種類以上のウェブページをロードさせながら、 Taylor SwiftやKaty Perry、 Florence and the Machineなどによる楽曲10曲を含むプレイリストを再生させるというもの。実世界に近い使用方法で電池性能テストは行われた。

11時間以上に及んだテストを終えた結果、TSMC製とSamsung製の電池持ちの差はなんと1%以下。恐らくこれまで実施されてきたバッテリー性能テストの中で最も実利用に近いテスト内容ということで、「A9」チップ問題は終焉を迎えたと言えるだろう。

また、一部ではSamsung製のiPhoneの方が発熱するという調査結果も出ていたが、同テストにおける2つの端末の温度差はまたしても1%以下であることが明らかになった。

よって、「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」はTSMC製だろうとSamsung製だろうと電池持ちも本体温度も変わらないと理解して問題無さそうだ。せっかく手に入れたiPhoneをこれからも大事に使いましょう!


(via Cult Of Mac