Apple、Consumer Reportsと協力してバッテリー性能を検証していることを明らかに

MacBook Pro Late2016 15inch model

コンシューマー向け商品を徹底的に検証し評価することで信頼のあるアメリカの情報誌「Consumer Reports」は「MacBook Pro 2016」の電池性能にムラがあることを指摘し、MacBookシリーズとして初めて推奨製品に選ばれなかったことを発表した。

このことを受け、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長Phil Schiller氏はConsumer Reportsと協力してバッテリー性能を検証していることをツイートで明らかにした。


せめて安定して8時間使うことができたらいいのに……

Appleの公称値は10時間としているが、Consumer Reportsの調査によると「Touch Bar」搭載の13インチモデルは最長16時間、最短3.75時間という結果に。15インチモデルは最長18.5時間、最短8時間という結果を記録し、いずれも最低ラインは公称値を超えていない上に結果にムラがありすぎる。

実際、Appleが公開しているバッテリーテスト内容を再現した9To5Macの動画では8時間を記録。「最高の結果ではないが、妥当、とは言えるかもしれない」と結論付けている。

共同で調査した結果、多くの人が不満をこぼしている電池持ちが改善されることに期待したい。僕は安定して公称値10時間も出すことができれば文句は言わないが、そんなことは起こりうるのだろうか。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!