Consumer Reports、「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリー性能を酷評ーー「駆動時間にムラがある」

MacBook Pro Late2016 15inch model

バッテリー性能を重要視するのであれば2016年モデルは見送った方がいいのかもしれない。

コンシューマー向け商品を徹底的に検証し評価することで信頼のあるアメリカの情報誌「Consumer Reports」はMacBook Pro 2016」はバッテリー性能が一貫性に欠けるとして酷評MacBookシリーズとして初めて推奨製品に選ばれなかったことを発表している

Chromeの方が電池持ちが安定する(≠良くなる)場合も?

Consumer Reportsは「MacBook Pro」の2016年モデルをすべてテスト。ディスプレイの品質やパフォーマンスに関しては高い評価を得たが、バッテリー性能にムラがあり、測定する度に数値に大幅な変動があると指摘している。

ここでいう「バッテリー性能にムラがある」と言うのは電池持ちが物凄くいい時もあれば物凄く悪い時もあり、安定感に欠けるということ。例えば、3回連続で実施された「Touch Bar」搭載の13インチモデルのテストでは初回が16時間、2回目が12.75時間、3回目が3.75時間という結果に。

僕が使用している15インチモデルは最大18.5時間という記録を出したものの、短い場合は8時間という結果も出ているという。最低ラインが8時間なのであれば僕としては不満はないが、同じ測定内容を実施しているが結果に10時間もの差が生まれるのは問題がありそうだ。

For instance, in a series of three consecutive tests, the 13-inch model with the Touch Bar ran for 16 hours in the first trial, 12.75 hours in the second, and just 3.75 hours in the third. The 13-inch model without the Touch Bar worked for 19.5 hours in one trial but only 4.5 hours in the next. And the numbers for the 15-inch laptop ranged from 18.5 down to 8 hours.

バッテリー性能を調査するために実施されているテストは電池が100%から0%になるまで10種類のウェブサイトを連続で表示するというもの。表示するウェブサイトは自社サーバーに用意され、Wi-Fi経由でアクセスするようになっている。

ディスプレイの輝度は100nitsに設定。使用するブラウザはSafari。「macOS Sierra 10.12.2」リリース後も同様のテストを実施しているが、変化はなかったと言う。

なお、興味深いことにGoogle Chrome」を使用して全く同じバッテリーテストを実施した結果、Safariと比較して一貫性のある結果が出たことを明らかにしている。電池持ちがいいとは一切書かれていないが、動作時間に一貫性を求めるのであればSafariではなくChromeを選んだ方がいいのかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!