Apple、Boot Campのオーディオドライバをアップデートし、スピーカーの不具合を修正

15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」Touch Barモデルーーファーストインプレッション
MacBook Pro (Late 2016)」でWindowsを「Boot Camp」上で動作させた場合、ポップノイズが発生し場合によってはスピーカーそのものが故障する可能性がある不具合について、AppleInsiderによると、Appleは「Boot Camp」のオーディオドライバをアップデートし、スピーカーの不具合を修正したことが明らかになった。


現地時間11月23日13時以降に配布されたアップデートで不具合は修正されているとのことで、今後「Boot Camp」にWindowsをインストールする場合はドライバが更新されていると見られる。既存ユーザーはソフトウェア・アップデート経由でアップデートする必要があるかもしれないとのこと。

「Boot Camp」を使用していない人、もしくは「Parallels」などバーチャルマシーンでWindowsを動作させていた人にとっては影響がないので心配不要。

ドライバをアップデート後、スピーカーに引き続き不具合が見られる場合はApple Careに連絡をし、直営店のGenius Barで診てもらうことを勧めている。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!