僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro 2016」の不具合まとめ

MacBook Pro Late2016 15inch model

僕のメインマシーンは15インチ型「MacBook Pro。自宅では2枚の4Kディスプレイに出力して使用することが多いが、外付けディスプレイは使用せずにそのまま使うことも増えてきた。視線の移動が少なくて作業内容によっては集中しやすい。

基本的には問題なく動作している僕の15インチ型「MacBook Pro 2016」だが、問題がないわけではない。今回はこれまで遭遇してきた不具合や動作不良などについて、過去に僕が投稿したツイートをもとに紹介しておく!

“馴染む”まで時間が掛かる?最近は特に問題無しという謎

過去のツイートを見返してみるとスリープから復帰できない不具合やWi-Fiを掴むまでの時間が掛かるという問題に遭遇している。クラムシェルモードでもそうだが、画面を開いていてもBluetoothの接続は安定しないことが多い。

「Time Capsule」の不具合に関しては下記記事に書いた通り。バックアップを取ろうとするとシステム全体がクラッシュするという、どうしようもない問題が起きている。これは一刻も早く修正対応してもらいたい。

今まで遭遇した最も理解できない不具合はひたすら何かのキーを押され続けているようなエラー音が鳴り続けるというもの。具体的には指がキーボードに触れていないのにも関わらず「n」キーが押され続けている状態が発生し、再起動で何とか対応。

幸いにも僕自身は遭遇していないが、ネット上では高負荷時にGPUに関する不具合が発生しているとの報告が多数。詳細は下記からどうぞ。

幸いにもこれらの不具合は「macOS Sierra 10.12.2」で修正される模様。「Time Machine」の不具合も解消される見通しだ。

Boot CampでWindows動作時にポップノイズが発生する不具合も報告されていたが、先日「Boot Camp」のオーディオドライバがアップデートされ、スピーカーの不具合は修正された模様。

ディスプレイを繋いだ状態でスリープさせると復帰せず、クラッシュするという不具合は何度か経験している。これは至って謎。

なお、3本指ドラッグが正常に動作しない不具合は未だに起きている。これは早くソフトウェアアップデートで修正してもらいたい。

今のところ細々とした不具合が多いが、ここ最近は不具合らしい不具合は発生していない。”馴染む”までに時間が掛かるのだろうか。

余談だが、電池持ちに関しても一部ユーザーから不満の声が上がっているが、これも使い続けているうちに改善されているような感覚がある。ただ、これは電池持ちが少しでも良くなるように使っていないアプリケーションをこまめに終了するなど意識しているからかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!