新型「MacBook Pro」、Boot CampでWindows動作時にポップノイズが発生か?!スピーカー故障の原因にも

15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」Touch Barモデルーーファーストインプレッション
MacBook Pro (Late 2016)」でBoot Camp経由のWindowsを使っている人は要注意!

AppleInsiderによると、新型「MacBook Pro」で「Windows 10」を「Boot Camp」経由で動作させた際にスピーカーを長時間使用した後、macOSに再度切り替えるとしばらくしてポップノイズが発生する不具合が一部で発生していると報じている!

バーチャルマシーン、macOSのみ使用は問題なし

この不具合はParallelsなどmacOS内で動作させるバーチャルマシーンでの使用には問題がない模様。macOSのみ使用している人にとっても関係ない。

不具合の原因は長らくアップデートされていないオーディオドライバーと推測され、最悪の場合、Mac本体のスピーカーを物理的に故障させる可能生があるという。

さらに、この問題に遭遇したユーザーは左右のスピーカーの音量バランスが崩れることやOSに関係なく50%以上の音量で音の歪みが発生していることを報告している

問題が発生している「MacBook Pro」は特定のモデルではなく、新型「MacBook Pro」の各モデルで見受けられているという。

AppleInsiderは「MacBook Pro」の内蔵スピーカーを使わずにヘッドホン端子にスピーカーやイヤホンを接続して音を出すことを勧めている。なお、一部ユーザーは「Realtek HD Audio Driver version 6.0.1.7989」のアップデートを適用後に修正されたと報告していることから、同様の問題に遭遇している人は自己責任で試してみてはいかがだろうか。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!