「iPhone 8/8 Plus」の出荷台数は「iPhone 7」以下

IPhone8 8Plus Review 17

「iPhone 8」よりも「iPhone 7」の方が断然売れていると言われているが、出荷台数ベースで見ると、その差は想像以上だった。

Canalysの集計情報によると、2017年第3四半期(7〜9月)の全世界における「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」の合計出荷台数は、「iPhone 7」単体の出荷台数を下回っていたことが明らかになった!

iPhone 8」よりも「iPhone 8 Plus」の方が人気

出荷台数が最も多かったのは「iPhone 7」で1,300万台だったという。「iPhone 6s」は2位にランクイン。SamsungやOppoなどが残りの順位を埋め、「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」はトップ5に入ることもなかった。

Appleは同四半期で「iPhone 8」を540万台、「iPhone 8 Plus」を630万台を出荷。5.5インチモデルが4.7インチモデルの出荷台数を四半期で上回るのは今回が初めて。

さらに、「iPhone 6s」や「iPhone SE」の出荷台数も増えたとCanalysは指摘。「iPhone 8/8 Plus」が代わり映えせず、「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」が値下げされたため、多くの人が2016年モデルに手を出したのではないかと考えられる。

言うまでもなく、「iPhone 8/8 Plus」の出荷台数が伸び悩んだ原因は「iPhone X」。すでにAppleは「iPhone 8/8 Plus」の生産台数を半分に削減したという噂もあるが、その代わり、「iPhone X」が爆発的に売れていれば問題ないだろう。

「iPhone X」は出荷状況も予約開始直後の「5-6週間」から「3-4週間」まで改善されていることから、多少待ちが発生するにしても、当初より在庫状況は改善されている。欲しい人は早めに予約しておくべし!

(via BGR

もっと読むiPhone 8まとめ
もっと読むiPhone 8 Plusまとめ
あわせて読みたい