将来のMac、搭載されているSSDの容量が最大10TBになるかも?!

Mac、10TB SSD搭載
SSDは昔に比べて多少安くなってきたが、HDDに比べるとまだまだ高い。

例えばRetinaディスプレイ非搭載の13インチ型「MacBook Pro」は500GBのHDDで126,800円。一方、先日発表された13インチ型「MacBook Pro Retina」128GBのSSDで148,800円。単純に容量だけを比較するとその差は大きい。

今後それは変わるかもしれない!PC Worldによると、IntelとMicronがフラッシュストレージのセルを重ねることによって容量を3倍にすることができる「3D NAND」テクノロジーを発表したと報じている!

2.5インチSATAドライブなら最大10TBの容量に

Macに使用されているSSDは2.5インチSATAドライブ。「3D NAND」テクノロジーを利用することによって、将来的には最大10TBの容量になるそうだ。

SSDは高速に動作するお陰で処理能力が高い。ただ、一方で冒頭でも紹介した通り1GBあたりの価格が高い。「3D NAND」テクノロジーによってついにHDDと同等もしくはそれ以上にコストパフォーマンスが高くなりそうだ。

最新のチップは今年中に購入できるようになる見通し。もしかしたら今年発売される(と期待している)15インチ型「MacBook Pro Retina」に搭載されたりして……?

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法