リコール対象の「MacBook Pro」、実際にバッテリーが過熱し出火した写真が公開

「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」の対象となっているMacを交換せずに使い続けていると起こりうる悲劇

Damaged MacBook Pro 2015 model photos 1

Appleは先月21日、一部の旧世代の15インチ型「MacBook Pro」のバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があるとして、「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表した。

日本でも2万台以上が対象であることが確認されているが、PetaPixel実際にバッテリーが過熱し発火した15インチ型「MacBook Pro 2015」写真が複数公開されている。

電源にも繋がず、コーヒーテーブルの上に置いてあった状態から突然出火

問題が起きた「MacBook Pro」の所有者は、デザイナーのSteven Gagneさん。Appleがリコールを発表するわずか3日前にバッテリーが爆発して炎上したとFacebookで報告している。

当時、「MacBook Pro」はコーヒーテーブルの上に置いてあり、Gagneさんは寝ていたが爆発音で飛び起きたという。Macのディスプレイは閉じたまま、電源にも繋がっていない状態で、スリープモードだったとのこと。

Damaged MacBook Pro 2015 model photos 2

特筆するべき点としては、Gagneさんは熱がこもるような場所で使っていたわけでもなく、作業中だったわけでもなく、本体を放置していた状態で突然発火しているということ。つまり、予期することはできない。

万が一対象期間に含まれる「MacBook Pro」を持っている場合、少なくともリコールの対象であるかどうかを確認し、対象である場合は支給対応してもらうことをおすすめする。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索