「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」の対象となるMacは米国内だけで43万台以上

実際に「MacBook Pro」がオーバーヒートしたとの報告は、米国内だけで26件

Clearance 2013 macbookpro 15 gallery AV2

先日、Appleは2015年モデルを対象とした「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表したが、米国消費者製品安全委員会(CPSC)およびカナダの保健省によると、米国では対象となっているMacは約432,000台、カナダでは26,000台と推定されている。

また、CPSCの調査報告書によれば、Appleは対象デバイスが実際にオーバーヒートするとの報告を受けたのは26件で、そのうち5件は軽度の火傷、1件は吸煙、17件は個人所有物への損害が起きていたことが記されている。

Appleはバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があるとして、2015年9月から2017年2月までの間に販売された一部の「MacBook Pro」の15インチモデルを対象として自主回収を行っている。詳細は下記記事を参考にどうぞ。

(via MacRumors

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索