「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」、日本国内では2万台以上が対象

リコール実施の理由は「旧型の15インチ型ノートパソコンのうち、一部のバッテリーが過熱し、出火するおそれがあるため」

Clearance 2013 macbookpro 15 gallery AV2

Appleが発表した「15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」の対象となるMacは米国内だけで43万台以上あることが明らかになっているが、経済産業省が公開した情報によると、日本国内では対象となるMacが約20,343台あることが明らかになった。

リコール実施の理由としては「旧型の15インチ型ノートパソコンのうち、一部のバッテリーが過熱し、出火するおそれがあるため」と記載されている。

対象となっているMacは主に2015年9月から2017年2月まで販売された一部のモデルとなっていて、シリアル番号によって対象製品であるかどうかが判断される。詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

(via AAPL Ch.

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索