「MacBook Pro」の2015年モデル、バッテリーが突然爆発する事件が発生

Expoding MacBook Pro 2015

MacBook Pro」の2015年モデルが突然爆発したようだ。

Daniel Dourvarisさん曰く、ベッドの上でネットを見ている時に「MacBook Pro」の電源が突然切れたという。再度電源を入れ直すと数秒後には聞き慣れない音が聞こえ始め、煙とかすかな炎がMac本体の裏側から立っていることを発見。

床がセラミックタイルになっているトイレに急いで移動したものの、本体があまりにも熱くなりすぎたため、10秒以内には床にMacを落下。あまりもの熱さで持っていた中指と薬指を酷く火傷してしまい、完治するまで1週間近く掛かったという。

原因はバッテリー!「MacBook Pro」の内部は丸焦げに

落とした後もMacからは煙は数分間出続け、Mac本体はボロボロに。原因は膨れ上がったリチウム電池が爆発したのではないかと見られている。

Expoding MacBook Pro 2015 2

SSDも丸焦げでファンもボロボロ。外見も中身も美しいことに定評のあるMacだが、この時ばかりは極めて残酷な姿がそこにあった。データが残っていることを期待するだけ無駄だろう。

Dourvarisさんの調べによると過去にもMacBookのバッテリーが膨張し、着火するという事件は報告されているとのこと。問題は、現在のユニボディ設計のノート型Macではバッテリーが膨張しているかどうかを確認する術がないのだ。

個人的にはベッドという熱を溜め込みやすくホコリも溜まりやすい環境で本体が熱くなりやすい「MacBook Pro」を使っていたことも爆発の引き金になっている気がしてならないが、どうだろうか。

熱は電子機器にとって天敵。今はまだ寒い時期だから問題ないかもしれないが、夏場における熱対策はしっかり対策しておくべし!

(via Cult Of Mac

もっと読むMacBook Proまとめ
関連記事