Apple、「MacBook/MacBook Pro」のディスプレイコーティングが剥がれる不具合の受付期間を延長へ

MacBook Pro anti reflective wearing off

「MacBook Pro Retina」のディスプレイコーティングが剥がれる問題が大きな話題となっていたのは2015年のこと。2012年以降に購入されたモデルが対象となっていて、ディスプレイ部分がキーボードやトラックパッドに触れてしまうことが原因となっていたようだ。

その後、Appleは「MacBook/MacBook Pro Retina」のディスプレイコーティングが剥がれる問題を無償で対応することを発表。正式に発表していないものの、過去に有償で交換・修理したユーザーも返金対応することが明らかになっていた。

MacRumorsによるとAppleはMacBook/MacBook Pro」のディスプレイコーティングが剥がれる不具合の受付期間を延長したことが明らかになった!

正式な修理プログラムとして発表する予定はなし

Appleによると、2012年6月から2017年10月16日までの期間中に購入されたモデルまたは購入してから3年以内のモデルのいずれか期間が長い方で修理対応に応じるという。

Staingate Website
【image via Staingate.org

Appleの正式な修理プログラムとして発表されていない状況は以前と変わらず。理由は分からないが、AppleCareを通じて修理対応を受け付けていることには変わりなく、同不具合に見舞われている人はApple直営店にてGenius Barの予約を取って診てもらうことをオススメする。

受付の際にMacのシリアル番号を求められるため、下記記事を参考に予め確認しておきましょう。

もっと読むMacBook Proまとめ
あわせて読みたい