リコール対象の15インチMacBook Pro、航空機内持ち込み禁止へ

連邦航空局が発表、欧州航空安全機関も規制を強化、一部貨物航空会社は取り扱いを禁止したとのこと

Clearance 2013 macbookpro 15 gallery AV2

連邦航空局(Federal Aviation Administration、FAA)は、15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」の対象となっている「MacBook Pro」の航空機内持ち込みを禁止することを発表したとBloombergが報じている。

FAA、Appleの発表後まもなく航空機内持ち込みを予告

FAAはAppleが発表した、対象となっている「MacBook Pro」の自主回収は「認識している」とコメントし、米国の主要航空会社に警告していることを明らかにした。

同機関は7月上旬、「MacBook Pro」のリコール対象を受け、対象端末のバッテリーが修理または交換されるまで航空機内持ち込みを禁止する旨を公式アカウントでツイートしていた。

EASAも欧州の主要航空会社に警告

欧州航空安全機関(European Union Aviation Safety Agency、EASA)も今月上旬、欧州の主要航空会社に対し、リコール対象となっている「MacBook Pro」は航行中に電源が切られ、使用されることがないように通達しているとのこと。

Bloombergが入手した内部文章によれば、貨物航空会社のTUI Group Airlines、Thomas Cook Airlines、Air Italy、Air Transatの4社は今週、対象の「MacBook Pro」を貨物として持ち込むことを禁止したそうだ。

15インチMacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」は主に2015年モデルを対象となっていて、米国内では43万台以上国内では2万台上が対象となっている。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索