新型「MacBook Pro Retinaディスプレイ」の13インチモデルは「買い」だ!旧型とスペックを比較してみた!

Macbookrpo 13
新型の「MacBook Pro Retina」13インチモデルが発表されたということで、旧型からどれほどスペックアップしたのか気になったので、比較表を作っていた。

その過程で僕は密かに期待していたスペックアップを見つけてしまった。今年発売されたMacBook Airの13インチモデルを購入した僕だが、これは個人的に「買い」と言わざるを得ない

価格は安くなり、スペックは向上!MacBook Airを上回る性能!

ただRetinaディスプレイを搭載しているか否かだけしか差別化ポイントがなかった13インチのMacBook ProMacBook Air。今回発表された新型「MacBook Pro Retina」の13インチモデルは性能面で大分を差をつけたように感じる。

以下に新旧「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」のスペック比較表を作ったので、どうぞご覧あれ!

新型MacBook Pro Retina
13インチ
旧型MacBook Pro Retina
13インチ
プロセッサー2.4GHzデュアルコア
Intel Core i5
2.4GHzデュアルコア
Intel Core i5
2.6GHzデュアルコア
Intel Core i5
2.5GHzデュアルコア
Intel Core i5プロセッサ
2.6GHzデュアルコア
Intel Core i5プロセッサ
ディスプレイ2,560 x 1,600
(227ppi)
2,560 x 1,600
(227ppi)
2,560 x 1,600
(227ppi)
2,560 x 1,600
(227ppi)
2,560 x 1,600
(227ppi)
メモリ4GB8GB8GB8GB8GB
ストレージ128GB256GB512GB128GB256GB
グラフィックIntel Iris GraphicsIntel Iris GraphicsIntel Iris GraphicsIntel HD Graphics 4000Intel HD Graphics 4000
カメラ720p FaceTime
HDカメラ
720p FaceTime
HDカメラ
720p FaceTime
HDカメラ
720p FaceTime
HDカメラ
720p FaceTime
HDカメラ
バッテリー9時間9時間9時間7時間7時間
値段134,800円154,800円184,800円148,800円168,800円

なぜこれが「買い」なのか?!それは最大搭載RAMが16GBだからだ!

僕は冒頭で今回発表された「MacBook Pro Retinaディスプレイ」13インチモデルは個人的に「買い」だと言った。それはなぜか。

その理由は下記のスクリーンショットを見れば分かる。なんとメモリ(RAM)が16GBまで増設することが可能になったのだ!でかしたぞ、Apple!

MacBook Pro Retina
クアッドコアにならなくてもいい。ディスクリートGPUも不要。ただし、RAMは16GBまで積める様になってほしかった。

そう願っていた僕としては、今回発表された新型「MacBook Pro Retina」は喉から手が出るほど欲しい。日々文字を見ながらタイピングしているのでRetinaディスプレイもかなり魅力的に思えていた矢先のこと、思わず買ってしまいそうで怖い…。

ただ、僕は今年発売されたMacBook Airを買ったばかり。でも…欲しくて欲しくて仕方がない…。誰か僕のMacBook Air買い取ってくれないかな…。


MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late 2013)のGeekbenchベンチマークスコア続々と公開! | gori.me

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late 2013)のGeekbenchベンチマークスコア続々と公開! | gori.me

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法