13インチ型「MacBook Pro (Early 2015)」、UIアニメーションや操作がもたつく不具合が発生か?!

MacBook Pro 2015 UI Lad
13インチ型「MacBook Pro Retina」を購入した人で、使っていて操作が異常にもたついて使いものにならない、という人はいるだろうか?!


MacRumorsによると、13インチ型「MacBook Pro Retina」を購入した一部のユーザーがUIアニメーションの遅延や操作のもたつきなどの不具合を報告(1/2)しているようだ!

OS X Yosemite」のクリーンインストールやPRAMのリセットで改善することも

掲示板には200件近くのコメントが寄せられ、最新の13インチ型「MacBook Pro Retina」の動作のもたつきに不満を抱いている人が多数いることが分かる。

一部のユーザーは「OS X Yosemite」のクリーンインストールやPRAMのリセットで改善したようだが、それらを実行後でも快適に動作しないと指摘している。


実際に遅延している様子を撮影したスクリーンキャストが公開されていたので、以下からどうぞ!



「OS X Yosemite」は過去にも様々な不具合が報告されていた。最近まではWi-Fiの接続が安定しない不具合が多数報告されていた。

上記動画ほどではないが、僕自身も「OS X Yosemite」にアップデートして以来、Macが異常にもたつくことを実感した。これまで試して効果的だった方法を以下の記事にまとめてあるので、参考にどうぞ!


(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった