12インチ型MacBook、CTOモデルのベンチマークスコアが公開!「MacBook Air (Early 2015)」と同等の性能か?!

12 MacBook Vietnam

先日、12インチ型MacBookのベンチマークスコアが明らかになった。MacBook Air」の2011年モデルと同程度もしくは若干下回る結果となっていた。

この結果に対して、賛否両論分かれている。個人的には12インチ型MacBookはiPadにキーボードを付けて作業している人向けだと見ているので、2011年モデルの性能もあれば十分だと思っている。

12インチ型MacBookの下位モデルは1.1GHzデュアルコア Intel Core M、上位モデルは1.2GHzデュアルコア Intel Core Mが動作する。前回明らかになったのは下位モデルのベンチマークスコアだが、本日、ウクライナ在住のDmitry Lebedev(@Omelyanko)さんが一足早く12インチ型MacBookのCTOモデル(1.3GHzデュアルコア Intel Core M)を手に入れたようで、ベンチマークスコアを公開している!

早速紹介する!

シングルコアスコア、マルチコアスコアとも飛躍的に伸びている

こちらが世間より一足早く12インチ型MacBookを手に入れたDmitry LebedevさんとMacBook本体。何をすればCTOモデルが手に入るのか分からないが、とにかくラッキーな男だ。

さて、気になるCTOモデルのGeekBenchスコアだが、シングルコアスコアが「2831」、マルチコアスコアが「5567」となっている。

これを先日公開された下位モデルと比較するとクロック数が0.2GHz変わるだけでどれほど性能が向上しているのかが分かる。シングルコアスコアが47%上昇し、マルチコアスコアが37%も上昇しているのだ!

1.1 Core M 1.3 Core M 性能差
シングルコアスコア 1924 2831 47%
マルチコアスコア 4038 5567 37%

ここでAppleちゃんねるが公開していたGeekBenchスコアの比較表を載せておく。下記の通り、確かに下位モデルは「MacBook Air」の2011年モデルを下回る性能となっているが、CTOモデルはなんと「MacBook Air (Early 2015)」を僅かに下回る程度のパフォーマンスを発揮するポテンシャルを持っているのだ!

「Core M」は非力だから12インチ型MacBookは使えない、という人もこれを見た後では12インチ型MacBookが少し気になってきたのではないだろうか。

ただ、GeekBenchはあくまでもCPU性能を測定するためのベンチマークツール。実際のパフォーマンスが気になる人は一旦発売日に入手するのは見送り、様子を見た方が得策だろう。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via Appleちゃんねる