学生みんなが特待生。

【悲報】12インチ型MacBook、「MacBook Air (Early 2014)」の90%程度のパフォーマンスか

MacBook Air 12インチ

12インチ型MacBookは日々Macの前でガツガツ作業をするような人向けのデバイスではないかとは分かっている。搭載プロセッサーは「1.1/1.2GHzデュアルコア Intel Core M」。Retinaディスプレイを搭載しているとは言え、どうもあまりパワーが無さそうであることは予想ができる。

まだ正確なベンチマークスコアは明らかになっていないが、想像以上にパワー不足かもしれない。AnandTechが実施した「Core M」プロセッサー搭載の「Lenovo Yoga 3 Pro」のベンチマークテスト結果を参考に推測すると、12インチ型MacBookは「MacBook Air (Early 2014)」の90%程度のパフォーマンスになる可能性がありそうだ!

12インチ型MacBookはカジュアルネットユーザー向けデバイス

AnandTechが実施した「PCMark 7」によるベンチマークテスト結果によると、「Yoga 3 Pro」は「4515」だったのに対し、「MacBook Air (Early 2015)」は「4885」を記録。CPU単体で決まるベンチマークテストではないが、「Core M」の性能を知る上での参考値として留めておいた方が良さそうだ。

Core M Benchmarks
【img via AnandTech

CPUとグラフィックのパフォーマンスを測定するベンチマークツール「Cinebench」の測定結果も明らかになっていたので、参考に載せておく。

シングルスレッドのベンチマークはこちら。
Core M Benchmarks(Cinebench)
【img via AnandTech

マルチスレッドのベンチマークはこちら。
Core M Benchmarks(Cinebench)
【img via AnandTech

これらの測定結果からは、Retinaディスプレイを期待していた既存の「MacBook Air」ユーザーにとって12インチ型MacBookはパワー不足になる可能性が高いと予想される。パワーが必要であれば、大人しく13インチ型「MacBook Pro」を購入しましょう……!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac