「MacBook Air (Early 2014)」のベンチマークが公開!旧モデルよりもわずかに性能が向上

MacBook Air

それほど大きなアップデート内容ではなかった新型「MacBook Air」だが、それでも旧モデルに比べて性能は向上していることが明らかになった!以前のモデルに比べて値下げしているのにも関わらず、性能が良くなっているとは素晴らしい!

AppleInsiderが人気性能測定ツールGeekbenchを利用したMacBook Air (Early 2014)」のベンチマーク結果を公開していたので、紹介する!

性能は2%向上!「Haswell Refresh」の影響か?

測定されたベンチマークスコアは以下の通り。クロック数1.4GHzで動作する最新モデルのシングルコア・スコアは2,532マルチコア・スコアは4,781と言う結果に。

Macbook air benchmarks

これをクロック数1.3GHzで動作するCPUを搭載する旧モデルと比較すると、シングルコア・スコアは2,461マルチコア・スコアは4,615。わずかではあるが、確実に最新モデルの方が高い数値を出している。

今回ひっそりとアップデートされ、それほど話題にならなった「MacBook Air」だが、それはやはり今年中に12インチRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」が登場するからなのだろうか。噂されているモデルはファン非搭載で物理的なボタンが存在しないトラックパッドを搭載すると言われている。

12インチ型「MacBook」が登場するか?!新型「MacBook Air」の発表はまもなく?! | gori.me(ゴリミー)

(via AppleInsider