mixi Phoneとか、Facebook Phoneとか

mixi Phoneが密かに開発中らしい。

「mixiフォン」が登場か、Googleの「Nexus One」をベースにしたAndroidスマートフォン

mixiを殆ど使わなくなった僕には、出ても買う気はさらさらないのだが、どのような料金体系で、どこのキャリアから、本体代実質いくらで販売するのかがとても気になる。Android搭載のNexus Oneベースの端末ということなのだが、Androidマーケットとmixiアプリ課金がどう繋がるのかも非常に気になる。

想像だが、アドレス帳はmixi connectを使ってマイミクと連動させて、画像等も自動的に引っ張ってくるだろう。メール機能に、「メール」「メッセージ」という2択が選べるようになっているんだろうな。mixiボイスを標準アプリとして掲載していて、twitterは最初は使えないようにするような気がする。カメラもアップロード先としてmixiフォトが選べるようになっていて、端末からアルバム作成が可能になってたり、パスワードがかけられたりするかもしれない。

上記はあくまでも妄想と想像だが、mixiがmixiフォンを導入することで目指すのはオンラインの中心をmixiにするなんだろう。常に肌身離さず持ち歩いているケータイを乗っ取れば、夢が現実になりうる。

二番煎じが大好きなmixiがやってるぐらいなら、確実にFacebookもやっているだろう、ということで調べたら案の定あった。

English:Facebook Is Secretly Building A Phone
日本語:Facebookが秘かに電話機を作っている

日本ではまだまだ発展途上だが、海外では当然のごとくFacebookが主流。いざ発売されたら、案外売れるような気がする。

上記のように、サービス発が発端となってハードウェアまで作った例として、Skype Phoneがある。これは実際に一部国では発売しているようだが、残念ながら日本では売っていない。

Skypeが携帯になりました。世界中に無料で通話ができます。

さらに調べていたら、Mozillaが考えたコンセプト電話機に辿り着いたのだが、これがすごい、すごい。

Facebook Phoneよりこれ。Mozilla SeabirdはOpen Webのコンセプト電話機

比較的殆どのことが出来てしまうスマートフォンがかつてのガラケーにとっての未来のケータイだとすれば、このコンセプト端末は今のスマートフォンのさらに未来をいくケータイに違いない。とりあえずYoutubeを見るべし。

今の日本は相変わらずキャリア主導のモバイル業界だけど、サービスプロバイダーがメーカーと組んで端末を出すようになると、キャリアもうかうかしてられなくなるね。良い傾向だ。

追記 15:47
mixi Phoneについてだが、どうやら違ったらしい。

 「mixiフォン」登場か!? と思いきや……
「9月10日に開いたイベントの一般参加セッションで、積極的に参加してくれた1人に、ノベルティとしてプレゼントしたもの。ハードと連携できるmixiのAPI『mixi Graph API』の可能性の1例を示すため、Nexus Oneの電話帳とmixiのソーシャルグラフを連携させたアプリが入っている」

残念!mixi Graph APIの可能性、とか言ってるけど、mixiチェックボタンの導入にデベロッパー登録が必要なぐらいじゃ、可能性以前に利便性を考えた方がいいと思うけどね。

もっと読むAndroidまとめ
もっと読むモバイルまとめ
関連記事