ドコモ、「スリートップ」戦略改め「ドコモのおススメ」を展開!選ばれたのはシャープ・富士通・ソニーの3社

「ドコモのおススメ」 【img via ケータイ Watch

本日、ドコモの2013冬〜2014年春にかけて発売する新機種発表会が実施された。

夏には「ツートップ」戦略を実施したものの、あまり振るわなかったドコモ。以前噂されていた通り、今冬はシャープ・富士通・ソニーの3社の最新機種を中心に「スリートップ」戦略改め「ドコモのおススメ」を展開することを発表した!

「ドコモのおススメ」端末は1万〜2万円で購入可能に!

「ドコモのおススメ」 【img via ケータイ Watch

今冬、ドコモを支える端末として選ばれたのは以下の3端末。いずれも1万〜2万円程度の価格になる見通しだ。

  • シャープ製「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」
  • 富士通製「ARROWS NX F-01F」
  • ソニー製「Xperia Z1f SO-02F」

AQUOS PHONE ZETA SH-01F」はシャープ期待のIGZOディスプレイ技術を採用し “余裕で3日間使える” 電池持ちに注目。電池持ちが最悪とも称された富士通製の「ARROWS NX F-01F」も同様に3日間使い続けることができるそうだ。「Xperia Z1f SO-02F」は4.3インチと最近のAndroidスマートフォンの中では小柄で持ちやすいサイズが特徴。ちなみに僕は「Xperia Z1f SO-02F」が一番気になっている。

早速キャンペーンページが公開されていたので、各端末の詳しいスペックなどの情報を見たい人は以下からどうぞ!

ドコモのおすすめスマートフォン | 2013-2014冬春モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ

(via ケータイ Watch

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法