ソフトバンク、対象動画サービスやSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+」を発表

softbank

ソフトバンクは8月29日、対象の動画サービスやSNSが使い放題になる「ウルトラギガモンスター+」発表した。申込受付は2018年9月6日から開始される。

さらに、「ウルトラギガモンスター+」のデータ容量を消費することなくすべてのデータ通信が使い放題となるキャンペーン「ギガ使い放題キャンペーン」を2019年4月7日まで実施する。

データ通信量が少ないユーザー向けに「ミニモンスター」も発表

「ウルトラギガモンスター+」は、毎月 50GBまで利用できるデータ容量に加えて、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE、Instagram、Facebookの動画サービスやSNSが「ギガノーカウント」により使い放題となる料金サービス。

あくまでも50GBのプランで利用できるもので、それ以下のデータ通信容量向けには提供する予定は無いという。

利用料金は、基本プランを含めて月額3,480円から利用できると公表しているが、これはあくまでも「みんなの家族割」と加入人数が4人以上である場合。1人で利用する場合は5,480円からとなっている。

また、「ウルトラギガモンスター+」に加えて「ミニモンスター」も発表。これは、毎月のデータ使用量に応じて4段階の定額料(1GBまで、2GBまで、5GBまで、50GBまで)が自動的に適用される料金サービス。

利用料金は、基本プランを含めて1,980円からとなっている。

詳細はこちら(PDF)からどうぞ

あわせて読みたい