ソフトバンクとワイモバイル、ブランド間の移行手数料を無料化へ

2021年春以降、具体的な時期や詳細は決まり次第発表

softbank.jpg

ソフトバンクは12月9日、ソフトバンクとワイモバイルのブランド間における乗り換え時に発生する各種手数料を無料化すると発表した。2021年春以降、契約期間および料金プランにかかわらず、契約解除料(9,500円)を撤廃するという。

またウェブで手続きをする場合、契約事務手数料も無料化する(店舗は3,000円)。ソフトバンクはすでにMNP転出手数料の完全撤廃を発表しているが、ソフトバンクとワイモバイル間の移行間に発生する最大15,500円の手数料は、ウェブの手続きであれば双方向とも無料になる。

具体的な時期や詳細は、決まり次第発表される。

ソフトバンクは、契約期間も契約解除料もない料金プラン「ウルトラギガモンスター+」「メリハリプラン」「スマホベーシックプラン S/M/R」などを提供し、契約解除料を完全撤廃。また、新プラン以外も、契約解除料を免除する更新期間を3カ月間に設定し、新プランに変更する場合の契約解除料を免除している。

関連情報
更新日2020年12月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索