ドコモ、Xi(クロッシィ)対応タブレットを2機種発表

本日、ドコモからXi(クロッシィ)対応タブレットが2機種発表された。発表されたのはSamsung製の「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01」と富士通製の「ARROWS Tab LTE F-01D」で、いずれも10月上旬から発売される予定。

それぞれのスペックと特徴は以下の通り。

GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01

最近何かと話題に上がるSamsungのGalaxy Tab 10.1インチモデル。1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、565gと軽量ながらも電池用容量が7000mAhもあるのが特徴。

  • OSバージョン:Android 3.2(Honeycomb)
  • ディスプレイ:10.1インチ(1,280×800)
  • CPU:Qualcomm APQ 8060 デュアルコア1.5GHz
  • メモリ:1GB
  • カメラ:3.2M(外向き)、2.2(内向き)
  • 重さ:565g
  • 電池容量:7000mAh

ARROWS Tab LTE F-01D

ARROWS Tabの最大の特徴は何と言っても防水機能。Galaxy Tabに比べるとスペックは若干劣るものの、風呂の中でゆっくり動画を見ながら浸かりたい、という半身浴ユーザーが喜びそうなガジェットではないだろうか。(←ごめんなさい、僕のことです)

  • OSバージョン:Android 3.2(Honeycomb)
  • ディスプレイ:10.1インチ(1,280×800)
  • CPU:TI OMAP 4 デュアルコア1.0GHz
  • メモリ:1GB
  • カメラ:5.1M(外向き)、1.3(内向き)
  • 重さ:597g
  • 電池容量:不明

LTE対応コンテンツも同時に提供!

どちらのタブレットもLTE対応ということで、高速通信を活かしたコンテンツやサービスがプリインストールされているそうだ。サービス名と料金は以下の通り。

サービス名 利用料金 サービス開始時期
Hulu 月額1,480円 2011年9月1日
よしもとケータイバラエティJOOKEY 月額315円 2011年11月
Qikビデオ for DOCOMO 基本:無料
プレミアム:月額4.99ドル
タブレット発売日
G CLOUD コンテンツ毎 タブレット発売日

今年の秋冬はLTE対応端末が増えそう!

ドコモは4月頃にXi(クロッシィ)対応スマートフォンを2011年冬に発売することを明言していたので、今回の発表はそれの第一弾というところなのだろうか。秋冬にかけてドコモに限らず各社が高速通信に対応した端末を発売すれば大容量コンテンツのニーズは必然的に高まるだろうし、Huluは本当に絶妙なタイミングで日本市場に参入したね。

(via ドコモプレスリリース

あわせて読みたい