Beatsの完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」ハンズオン

音質も良く、遮音性も高く、フィット感も良好で、音楽を楽しむには最高の完全ワイヤレスイヤホン

Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 04

Apple傘下のBeatsから完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」が今年4月に発表された。既に米国およびカナダでは発売されているが、日本では「この夏、登場」と記載されるに留まり、当初報じられていた国内6月発売も危うい状況かもしれない。

AirPods 2」でも十分満足しているものの、やはり運動用として実際の音質や付け心地は気になる。むしろ「AirPods 2」にするか、「Powerbeats Pro」にするべきか迷っている人もいるのではないだろうか。

先日、先行して実機をレビューしていたMacお宝鑑定団Blogのダンボさんにお会いした際に「Powerbeats Pro」を試させていただいたので、その体験をハンズオンとして紹介する!

付け心地は抜群でフィット感も良好だが、ケースが無駄に大きすぎる

これが「Powerbeats Pro」本体だ。イヤーフックは比較的自由に曲げることができ、耳にしっかり固定できるように装着できる点は「AirPods」にはない魅力。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 11

ダンボさんによると、このイヤピースの向きは人間工学的に適したデザインが採用されているとのこと。実際に耳につけると違和感なく耳にフィットし、イヤピースのサイズさえ合っていれば多くの人にとって快適な付け心地が実現されそうに感じた。少なくとも僕はとても良かった。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 03

ただし、このイヤーフックは形を伸ばしすぎるとケースに収まらないというちょっと残念な仕様。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 06

このように当たってしまう。折りたたんでしまえば問題ないが、人によっては毎回調整する必要があるかもしれない。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 05

「Powerbeats Pro」本体はケースにマグネットで装着され、「AirPods」と同様に、ケースから取り出すとペアリングされたデバイスに接続し、ケースに戻すと接続が切れる。また、耳から外すと音楽が停止し、付けると再生が再開する仕組みも全く同じ。

ペアリングするためにはケースに入れた状態で手前にあるボタンを長押しする仕組み。簡単にダンボさんの「Powerbeats Pro」を僕のiPhoneにペアリングすることができた。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 10

それにしてもケースが驚くほど大きい。「AirPods」に慣れていると、あまりにも大きくて驚く。
Beats Powerbeats pro full wireless earphones handson 08

そしてこのサイズならワイヤレス充電でもできそうだが、できない。その点「AirPods 2」は置くだけで充電されるので便利。意外とイヤホンのワイヤレス充電対応は便利だった。

スポーツと音楽に特化した「AirPods」のような存在

気になる「Powerbeats Pro」の音質だが、明らかに「AirPods 2」よりも良い。これはもう間違いないだろう。

これまで聞こえなかった低音域がしっかりと聞こえるようになり、かと言って他の音域が潰れているような印象はない。低音が必要以上に強調されているというよりは、音楽が楽しめるサウンドになった、と感じた。

実際、「AirPods 2」は音楽も動画もポッドキャストも通話も幅広くこなすように設計されている。低音が必要以上に強調されないからこそ、様々な音をこなすことができる。

逆に低音が強調されると人の話し声は聞き取りづらい。今回試す機会はなかったが、低音の王様Boseの完全ワイヤレスイヤホン「Bose SoundSport Free」は音楽以外には向かないと感じることが増えてきた。よって「Powerbeats Pro」も同じように、音楽用の完全ワイヤレスイヤホンとしては優れている製品ではないかと思う。

また、「Powerbeats Pro」を試して良かったと感じたのは遮音性。ノイズキャンセリング機能は搭載しないものの装着すると周りの音がしっかりとカットされ、地下鉄の騒音で全く使い物にならない「AirPods 2」と比べて使い勝手が良さそうに感じた。

一方で、その高い遮音性ゆえに、外でランニングなどのアクティビティを行う際に使う場合は注意が必要だ。音楽の音量を挙げすぎると本当に周りの音が聞こえなくなる恐れがある。

「Powerbeats Pro」は「Apple H1」チップを内蔵され、レイテンシ(遅延)の低減、「Hey Siri」の対応、接続時間の高速化はサポートしているが、今回試した時間の中では確認することができなかった。

限られた時間でのハンズオンだったが、結論として、「Powerbeats Pro」が日本国内で発売されたら僕は確実に買うだろう。トレーニング中や移動中に音楽を聴く時にガツガツ活用していきたい。

ただ、自宅で過ごす時間が長い僕としては、メインで使うのはやはり「AirPods 2」になるだろう。遮音性が良い意味でなく、幅広い音を卒なくこなし、耳に入れていることを忘れるほどの軽さから成る快適さには勝てない。

ストーリータイムライン
ギャラリー
「イヤホン」新着記事
トレンド検索