HomePod、iOSからtvOSへと移行 iOS 14のサポート継続が目的か

バッテリー駆動/HomeKitハブ機能無しのiOSよりも、常時電源接続/HomeKitハブ機能有りのtvOSの方がデバイスの方向性が近い

Ilan olivares GhCZD3 Dr4Q unsplash

HomePodのファームウェアは従来iOSベースだったが、「13.4」からはtvOSベースに移行したことが判明した。HomePodのソフトウェア・アップデートを案内するAppleサポートページには「iOS 13.4」ではなく「HomePodソフトウェアバージョン13.4」と表記されている。

Software versions of homepod
Apple サポートより

tvOSはiOSをベースにカスタマイズされたOSだ。そのためユーザーに分かる表立った変化はないが、システム内部の仕組みが一部変更されると見られている。

iOS 13.4から少なくとも2種類の新型HomePodを示唆する情報

9to5Macは、HomePodのファームアウェアがtvOSベースに移行した理由は、iOS 14のサポートではないかと分析している。

HomePodはA8チップが内蔵されている。iOS 14では、A8チップを搭載するデバイス(iPad Air 2およびiPad mini 4)はサポート対象外になるが、tvOSでは、A8チップを搭載するApple TV HDのサポートを継続すると予想されている。HomePodをiOS 14のアップデート対象外デバイスから除外するため、iOSからtvOSへ移行したと見られている。

tvOSベースにすることで、開発がしやすくなる可能性もある。HomePodは常時電源に接続され、HomeKit用のハブとしての機能を備える。バッテリーから動作するiPhoneやiPadよりも、常時電源に接続されたApple TVに近い。

9to5Macは、iOS 13.4の内部から、少なくとも2種類の新型HomePodに関する記述を発見したと伝えてる。Bloombergは、小型化された新型HomePodの年内発売に向け、Appleが準備していると報じていた。

関連情報
カテゴリHomePod
更新日2020年04月15日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「HomePod」新着記事
トレンド検索