夏にピッタリ!Goose houseの歌うポルノグラフィティ「ミュージック・アワー」のカバーが楽しそう!

Goose house music hour

夏になると必然的に夏らしい曲を聴きたくなる。人にとって「夏らしい」とは様々だと思うが、僕は爽快感のある曲を聴きたくなる傾向にある。

Goose houseの歌うポルノグラフィティ「ミュージック・アワー」のカバーが僕の中で夏らしさ全開でいつも通り楽しそうだったので紹介する!Goose houseはそれぞれの少人数のユニットで歌っている映像も好きだが、このような形で大人数で歌うのも好きだ!画面から伝わってくる楽しさに笑顔にならないはずがない!

元気溢れるナンバーを元気いっぱいに歌うGoose house

今回紹介するGoose houseの歌う「ミュージック・アワー」はいつも通りメンバーが全員楽しそうに歌っているだけではなく、男女で別れて動きのパフォーマンスを披露しているのがとても良い!女性陣が歌っている時に男性陣が高いキーでコーラスを歌っているのは個人的に好きだ。

アコースティックアレンジと言ってもギター2本とバンジョーという僕はあまり見たことがない組み合わせも素敵だ。バンジョーの奏でる音が結構好きだということに気がついた。思っていたよりも随分ファンキーな音を出すなあ!

以下からどうぞ!

夏と言えば音楽フェス!ポルノグラフィティが「ミュージック・アワー」を歌っているライブ映像があったので載せておく!

ついでにGoose houseが歌っている他のポルノグラフィティのカバー曲も載せておく!「アゲハ蝶」は比較的最近撮影したようだが、「愛が呼ぶほうへ」はd-iZeさんと神田莉緒香さんがいる頃の貴重な映像だ。何か今いないメンバーがいる映像を見るとジーンとくるね…!