「macOS 10.15」で登場する新しい「ミュージック」アプリはiTunesベースになる模様

Apple music hero large 2x

「macOS 10.15」は「iTunes」は解体され、iOSと同じように「ミュージック」アプリが用意されると見られている。

当初は「WWDC 2019」で披露されると言われているiPadアプリをmacOSに移植可能にする新機能「Marzipan」を利用して開発されると予想されていたが、9to5Macによると、Mac用「ミュージック」アプリは現行の「iTunes」をベースとしたAppKitアプリケーションになると伝えている。

デバイスを同期する機能も引き続き提供される見通し

「iTunes」に用意されている機能は概ね引き継がれる。スマートプレイリスト、ライブラリ管理、iPodを含むiOSデバイスの同期機能も健在。CDの読み込み・書き込み機能も用意されているという。

では現行の「iTunes」からどう変わるのか。次期macOSバージョンでは「Podcasts」や「TV」が単体アプリとして提供される見通し。そのため、「iTunes」は音楽機能に特化した「ミュージック」アプリとして生まれ変わると考えられる。

Mac限定の機能が一部用意されたとしても、音楽に特化したアプリが用意されることにより、iOS版「ミュージック」アプリと連携・同期が取りやすくなる。

ひょっとして「Spotify」のように再生位置の同期機能などが利用になるかもしれない。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索