iOS 16はロック画面が大幅改良、iPadOS 16は”アプリをウィンドウ化したマルチタスク機能”を実装か

tvOS 16はスマートホームとの連係強化、macOS 13はシステム環境設定がiOSライクに?

Apple wwdc21 newsroom article tile 033021 big jpg large 2x

AppleがWWDC22で正式発表する次期OSの一部機能を、Bloombergの名物記者Mark Gurman最新ニュースレターで明らかにした。

iOS 16」はロック画面が大幅に改良され、「ウィジェットのような機能を持つ壁紙」が用意されるという。またディスプレイの常時オン機能をサポートし、2022年の新型iPhoneiPhone 14)シリーズのProモデルが初の対応機種になると見られる。

iPadOS 16」は「ウィンドウ化とマルチタスクにおける劇的な改良」を予測。AppleはiPadアプリをMacのようにウィンドウ化する機能を開発中であるとの噂が流れていた。

「tvOS 16」はスマートホームとの連係が強化され、「watchOS 9」は新しい文字盤と低電力モードに加えて日頃の操作を劇的に改善するとしているが、詳細は不明だ。「macOS 13」はアプリごとの設定が確認できるなど、システム環境設定はiOSライクなUIになる模様。標準アプリのリデザインもあるという。

メッセージアプリは、オーディオメッセージを中心にSNSにある機能の追加、ヘルスケアアプリは引き続きiPhoneとApple Watchに限定され新機能が期待できるそうだ。

Appleは、日本時間6月7日午前2時より開催するWWDC22の基調講演で、次期OSの概要を正式発表する。

WWDC22

5本の記事を表示する
特集
公開情報
更新日2022年05月31日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索